M1943 76mm歩兵砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M1943 76mm歩兵砲

M1943 76mm連隊砲ロシア語76-мм полковая пушка обр. 1943 г.)とは、1943年ソビエト連邦が開発した歩兵砲である。

概要[編集]

M1943歩兵砲は、改良されたM1927歩兵砲の砲身をM-42(M1942) 45mm対戦車砲の砲架に搭載したもので、開脚式砲架によって水平射角が広がると共に、車軸のサスペンションによって牽引速度も向上した。

1945年の終戦まで製造が続けられたが、終戦後は歩兵砲そのものの欠点である不十分な射程距離によって早々に退役した。その後東側諸国に供与されたと思われるが詳細は不明である。

スペック[編集]

  • 口径:76.2mm
  • 全長:m(牽引時)
  • 全幅:m
  • 重量:600kg(戦闘時)/1,300kg(牽引時)
  • 砲身長:mm(口径)
  • 仰俯角:-8°~+25°
  • 左右旋回角:60°
  • 運用要員:名
  • 発射速度:10~12発/分(最大)
  • 射程距離:4,200m (OF-350榴弾)/1,000m(BP-350M成形炸薬弾)
  • 生産期間:1943年~1945年
  • 生産総数:5,122門

関連項目[編集]