B-4 203mm榴弾砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
B-4 203mm榴弾砲(M1931)
Belarus-Minsk-Museum of GPW Exhibition-2.jpg
ベラルーシミンスク大祖国戦争博物館のB-4
種類 榴弾砲
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
開発史
製造期間 1932-1941
製造数 871~889門
諸元
重量 17,770kg(射撃状態)
19,000kg(牽引状態)
要員数 15人

口径 203.4mm
最大射程 18,000 m

B-4 203mm榴弾砲 M1931(ロシア語: 203 мм гаубица обр 1931 г)はソビエト連邦榴弾砲である。

概要[編集]

冬戦争独ソ戦継続戦争などで使用され、長射程と高威力を活かし建造物の破壊などを主任務とし、赤軍の勝利に貢献した。

足回りが履帯になっているが、これは移動・牽引の為ではなく、18tにも及ぶ重量を支える為のものであり、移動の際には砲架尾部に二輪を装着し、牽引を行う。

独ソ戦開始当初、いくつかがドイツ軍に鹵獲され、20.3cm榴弾砲として利用された。

採用国[編集]

参考[編集]

  • Shunkov V. N. - The Weapons of the Red Army, Mn. Harvest, 1999 (Шунков В. Н. - Оружие Красной Армии. — Мн.: Харвест, 1999.) ISBN 985-433-469-4