B-4 203mm榴弾砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
B-4 203mm榴弾砲(M1931)
Музей военной техники Оружие Победы, Краснодар (31).jpg
ロシアクラスノダールの軍事装備<勝利の武器>博物館のB-4
種類 榴弾砲
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
開発史
開発期間 1930
製造期間 1932-1941
製造数 871~889門
諸元
重量 17,770kg(射撃状態)
19,000kg(牽引状態)
要員数 15人

口径 203.4mm(25口径)
仰角 0~60°
旋回角
初速 607 m/s
最大射程 18,000 m

B-4 203mm榴弾砲 M1931(ロシア語: 203 мм гаубица обр 1931 года(Б-4)ソビエト連邦榴弾砲である。

概要[編集]

1931年に制式化され、冬戦争独ソ戦継続戦争などで使用された。長射程と高威力を活かし建造物の破壊などを主任務とし、赤軍の勝利に貢献した。

砲架及び揺架はBr-2 152mmカノン砲及びBr-5 280mm臼砲と共通のもので、車輪ではなく装軌式になっているが、動力は内蔵しておらず、自走することはできない。通常の車輪式ではなく履帯式としたのは18tにも及ぶ重量を支える為のもので、軟弱地に展開した際に車輪が地面にめり込むことを防ぐためのものであった。移動の際には砲架尾部に1軸2輪の車輪を備えた砲車を装着し、砲牽引車による牽引を行う。長距離を移動させる際には砲身と砲架を分割し、専用の砲車にて輸送された。このための分割/結合作業には平均して45分から2時間を要した。

B-4M

第2次大戦後の195年には独立した車輪架を片側2組、計4輪の大口径車輪を備える方式に改良され、 B-4M 203mm榴弾砲 M1956(ロシア語: 203 мм гаубица обр 1956 года(Б-4М)の名称で装備され、1960年代末には予備兵器とされたものの、書類上は1970年代の末まで装備されている。

ソビエト軍の他、第2次世界大戦後はキューバに供与された。独ソ戦開始当初にはいくつかがドイツ軍に鹵獲され、「20.3cm榴弾砲 503/3(r)及び20.3cm榴弾砲 503/5(r)(ドイツ語: 20.3 cm Haubitze 503/3(r), 20.3 cm Haubitze 503/5(r)」として利用された。

採用国[編集]

ベラルーシミンスク大祖国戦争博物館に展示されるB-4

参考文献[編集]

  • Shunkov V. N. - The Weapons of the Red Army, Mn. Harvest, 1999 (Шунков В. Н. - Оружие Красной Армии. — Мн.: Харвест, 1999.) ISBN 985-433-469-4

関連項目[編集]