120mm迫撃砲PM-38

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
射撃状態
トレーラーに搭載した状態
自動車牽引時は砲弾20発を収納した弾薬車と一緒に牽引された

120mm迫撃砲PM-38(ロシア語:120-мм полковой миномёт обр. 1938 г.)とは第二次世界大戦労農赤軍が使用した迫撃砲である。

概要[編集]

полковой миномётとはロシア語で連隊迫撃砲という意味である。 Б. И. Шавыринаによって開発され、1938年に正式採用された、1941年には3000門が配備されていたという。後にА. А. Котова の手で再設計された物が後継の120mm迫撃砲PM-43として採用されている。

独ソ戦でソ連側は多数を使用したが、序盤の劣勢期には多数がドイツ軍に鹵獲されている。ドイツ軍はコピー品の12cm迫撃砲GrW42まで製造するほどにこの迫撃砲を重宝した。

大戦後は東側諸国に供与され、ベトナム戦争でも南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)アメリカ軍南ベトナム軍の野戦部隊や基地の攻撃に使用している。

なお、独ソ戦でドイツ軍が接収したものについては12cm迫撃砲378(r)の名称が与えられて前線に配備された。

スペック[編集]

  • 重量:280 kg
  • 砲身長:1,862 mm
  • 仰角:45°~80°
  • 水平射角:6°
  • 初速:272m/s
  • 最大射程:6,000m
  • 連射速度:10発/分
  • 砲弾重量:16 kg