A-19 122mmカノン砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
A-19(M1931/37) 122mmカノン砲

M1931/37 122mmカノン砲(A-19)ロシア語122-мм пушка образца 1931/37 годов (А-19))とは、第二次世界大戦前の1937年ソビエト連邦が開発したカノン砲である。

開発[編集]

ソビエト連邦の赤軍は1920年代に、それまで配備されていたM1910/30 107mmカノン砲の後継として軍団司令部直属の砲兵連隊に配備させる122mmカノン砲の開発を要求し、その要求に応えてM1931 122mmカノン砲(A-19)122-мм пушка образца 1931 года (А-19))が開発された。

M1931の砲架の最大仰角は45°であり、車輪にはリーフスプリング式のサスペンションが装着されていたが車輪は金属製スポークにゴムを張り付けただけのものだったため、自動車による高速牽引に難点があった。これを解決するために、1937年にはM1931の砲身をML-20(M1937) 152mm加農榴弾砲用に開発された新型砲架に搭載させたM1931/37 122mmカノン砲が完成した。この新型砲架は仰角が65°に強化され、車輪も金属製ホイール付きゴムタイヤに変更されたため牽引速度の向上をもたらした。

戦歴[編集]

M1931 122mmカノン砲。車輪が金属製スポークとなっている。

A-19はML-20 152mm加農榴弾砲と共に軍団司令部直属の砲兵連隊に配備され、主に遠距離からの火力支援や対砲兵・対要塞砲撃戦を任務とした。

1939年の冬戦争で初めて実戦投入され、継続戦争と1941年からの大祖国戦争ではほぼ全期を通じて活躍した。

射撃実験での直立した装甲板に対する貫徹力は、距離550mで152mm、1,000mで142mm、1,500mで133mm、2,000mで122mmである。砲弾重量が大きいので遠距離でもある程度威力を維持している。実際には、パンターの傾斜した80mm厚の正面装甲を距離600~700m、ティーガーIの直立した100mm正面装甲を1,500m、側面装甲を2,000mで破壊できた。また、貫通できない場合でも、25kgもある徹甲弾で叩き割るように装甲板を破壊し、戦闘不能に追い込むこともできた。さらにOF-471A榴弾でもホプキンソン効果で装甲板の内側を剥離させ、破片を撒き散らし乗員を殺傷することができた。

なお、伝説的に語られている内容として「BR-471徹甲弾を使用すればナチス・ドイツの誇るパンター中戦車やティーガーI / ティーガーII重戦車の正面装甲を1,500mもの遠距離から貫通させることが可能」「射撃実験でパンターの正面装甲を撃ち抜き、さらにエンジンや後部装甲をも貫通して砲弾が飛び出してった」といったものがあるが、これらはティーガーIの正面装甲について以外、誇張されたものである。

なおこの砲は牽引式だけでなく、ISU-122自走砲に搭載されている。派生形として閉鎖器を隔螺式から半自動の鎖栓式に変更され発射速度を向上させた自走砲仕様のD-25Sと、D-25Sにマズルブレーキを装着させた戦車砲仕様のD-25Tが開発され、前者はISU-122S自走砲に搭載され、後者はIS-2 / IS-3重戦車の主砲となった。

A-19もドイツ国防軍フィンランド国防軍鹵獲されたと思われるが、ドイツ軍の鹵獲兵器コードは不明。

第二次世界大戦後、対戦車砲としての任務は威力にやや劣るがより軽量で連射速度の高いBS-3 100mm野砲に交代され、さらにカノン砲としてもより射程距離の長いM-46 130mmカノン砲の配備開始に伴って退役した。その後は予備役兵器として保管されたり外国に供与されたと思われるが戦歴は不明。

フィンランドはドイツが鹵獲して供与したA-19を122 K 31として戦後も運用し、1988年にはフィンランド製の32口径152mm砲身を装着した152 H 88-31に改修され、2007年に退役した。

スペック[編集]

  • 口径:122mm
  • 全長:8.18m(牽引時)
  • 全幅:2.35m
  • 重量:7,250kg(戦闘時)/7,905kg(牽引時)
  • 砲身長:5,485mm(45口径、砲身のみ)/5,650mm(46.3口径、薬室を含む)
  • 仰俯角:-2°~+65°
  • 左右旋回角:58°
  • 運用要員:名
  • 発射速度:3~4発/分
  • 射程距離:20,400m(標準榴弾)
  • 製造年数:1936年~1946年
  • 製造数:2,926門

関連項目[編集]