2A36 152mmカノン砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2A36"ギアツィント-B" 152mmカノン砲

2A36 ギアツィント-Bロシア語2А36 «Гиацинт-Б»)とは、ソビエト連邦が開発した口径152mmのカノン砲である。

概要[編集]

この砲は1970年代M-46 130mmカノン砲の後継として開発が始められ、1976年に部隊配備が始められた。この砲を2S3アカーツィヤ2S4チュリパンなどと同じ車体に搭載して自走化させたのが、2S5ギアツィント-Sである。

主砲は54口径という150mmクラスの野戦砲としては異例の長砲身を採用している。この砲はその長射程を活かして敵(主にNATO軍)の部隊や兵器を破壊し、敵砲兵隊を壊滅させる対砲兵砲撃戦を得意とする。M-46と比較して採用国が少ない(旧ソ連構成国以外ではイラクとフィンランド、レバノンのみが採用)が、実戦経験は少なくなく、レバノン内戦末期には同陸軍がイラクの余剰分を入手して、パレスチナ難民キャンプに対する砲撃に用いている。その他、アフガニスタン侵攻イラン・イラク戦争湾岸戦争チェチェン紛争で使用されている。

スペック[編集]

  • 口径:152mm
  • 全長:m
  • 全幅:m
  • 重量:9,760kg
  • 砲身長:8,197mm(54口径)
  • 仰俯角:-2°~+57°
  • 左右旋回角:左右25°ずつ
  • 運用要員:8名
  • 発射速度:6発/分(最大)、1発/分(連続射撃時)
  • 射程距離:28,500m(標準榴弾)/33,500m(ロケット補助推進弾)