M-46 130mmカノン砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M-46 130mmカノン砲

M-46 130mmカノン砲とは、第二次世界大戦後にソビエト連邦が設計した野戦用カノン砲野砲)である。西側がこの砲の存在を確認したのは1954年であるため、M1954のNATOコードを与えられた。

概要[編集]

この砲は、A-19(M1931/37) 122mmカノン砲の後継として開発された。外見上はごく平凡な野戦砲であるが、開発当時としては異例な52口径という超長砲身により標準榴弾で27.5kmという長射程を実現した。これにより、ベトナム戦争印パ戦争第三次および第四次中東戦争アンゴラ内戦などにおいては西側製の105mm/155mm野戦砲の大半を上回る射程を生かして砲撃戦を有利に進めることができた。さらに、中ソ国境紛争中越戦争イラン・イラク戦争湾岸戦争ユーゴスラビア内戦などでも運用された。

中華人民共和国でも中ソ対立が始まる前にライセンス生産が始められており、こちらは59式と呼ばれる。59式は8tと重く不便なので、59式の砲身と駐退復座機を、より軽量な60式122mm加農砲の砲架と組み合わせた59-I式という改良型が開発され、59式と60式の生産は59-I式に移行した。また60式と同じく、59式も各国に輸出されている。他には、83式152mm自走榴弾砲の主砲を59-I式に換装した130mm自走加農砲が開発された。

M-46をイスラエルが改修したM-46S 155mm榴弾砲

現在のロシア連邦軍では牽引式の2A36ギアツィント-Bと自走式の2S5ギアツィント-Sに更新されているが現在でも予備役として保管されており、世界25か国で採用されている。イスラエルのソルタムでは鹵獲したM-46の砲身を45口径155mm砲に換装し車輪を4つに増やし装填補助装置を追加したM-46S 155mm榴弾砲に改修しており、IDFで運用すると共に海外にもこの改修を売り込んでいる。

スペック[編集]

  • 口径:130mm
  • 全長:11.73m
  • 全幅:2.45m
  • 重量:7,700kg
  • 砲身長:6,760mm(52口径)
  • 仰俯角:-2.5°~+45°
  • 左右旋回角:50°
  • 運用要員:8名
  • 発射速度:8発/分(最大)、5発/分(連続射撃時)
  • 射程距離:27,500m(標準榴弾)/38,000m(ロケット補助推進弾)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]