83式152mm自走榴弾砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
83式152mm自走榴弾砲
基礎データ
全長 7.33m
全幅 3.23m
全高 3.5m
重量 30t
乗員数 5名
装甲・武装
主武装 152.4mm榴弾砲
副武装 69式40mm対戦車ロケットランチャー
12.7mm機関銃、7.62mm機関銃
機動力
速度 55km/h
エンジン WR4B-12 V150LB 4ストロークディーゼルエンジン
520hp
行動距離 450km
データの出典 [1][2][3][4]
テンプレートを表示

83式152mm自走榴弾砲(83しき152mmじそうりゅうだんほう、中国語: 83式152毫米自行加榴炮)とは、中華人民共和国自走砲。その名称が示す通り、榴弾砲カノン砲を兼ねる自走砲として設計されている。これは現代では一般的な設計であり、中国語においても83式152毫米自行榴弹炮と表記されることもある[2]

開発[編集]

開発は1970年代後半に開始された。その設計がいずれに範を採ったかには諸説ある。M109 155mm自走榴弾砲に倣うとするもの[5]2S3アカーツィヤ 152mm自走榴弾砲のコピーとするもの[4]などがあるが、完成した車両は牽引式の66式152mm加榴砲と321式多用途車両を組み合わせたものと考えられている[1]

ハルビンの第674設計所による開発は、1978年末には形をなし[3]、1980年2月には試作車による公試を開始、1981年7月には結果を反映した新型の試作車を投入して試験を続け[1]、1983年11月に制式化された[3]。この間、チチハル市の第127設計所が半自動装填装置を開発し、嘉興市の第5318設計所が照準装置を開発するなど、他の設計所による開発も行われていた[1]

特徴[編集]

520馬力の4ストロークディーゼルエンジンで駆動する履帯には6つの転輪を持ち、最高時速55kmを発揮可能である[1]

主砲の仰角は62度、射程は17.2km(通常弾)、21.5km(射程延伸弾)。携行弾数は砲塔と車体の合計で30発、これを最高で毎分5発発射可能である。90年代に入っての改装で、レーザー誘導砲弾の使用も可能となった。 副武装として12.7mm機関銃を砲塔上に、同軸機関銃として7.62mm機関銃を装備する他、砲塔上に69式40mm対戦車ロケットランチャーを追加可能である[1]

運用[編集]

1984年10月1日[1]、北京での35周年記念パレードで公開された[2]。1個大隊は18両で編成されていた[1]

輸出は行われておらず、1990年までの生産数は78両に留まっている[1]

派生型[編集]

派生型ではないが、89式120mm対戦車自走砲が同じ台車を使用している。

出典・注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Type 83 152mm Self-Propelled Gun-Howitzer”. SinoDefence.com (2009年2月20日). 2012年10月13日閲覧。
  2. ^ a b c 中国83式152毫米自行榴弹炮”. 环球展望网版. 2012年10月13日閲覧。
  3. ^ a b c 国产武器欣赏:83式152毫米自行加榴炮(附图)” (2004年9月27日). 2012年10月13日閲覧。
  4. ^ a b Type 83 152-mm self-propelled gun-howitzer”. 2012年10月13日閲覧。
  5. ^ Type 83 152-mm Self-Propelled Gun-Howitzer”. Federation of American Scientists. 2012年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]