96式戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
96A式戦車
Type96 1.jpg
性能諸元
全長 10.65 m
車体長 7.30 m
全幅 3.30 m
全高 2.30 m
重量 42.5 t
懸架方式 トーションバー方式
速度 65 km/h
行動距離 400 km
主砲 2A46 48口径125 mm滑腔砲
副武装 85式12.7 mm機関銃
86式7.62 mm機関銃
装甲 複合装甲(車体前面・砲塔前面)
エンジン 150型
V型12気筒水冷ディーゼル
1,000 hp
乗員 3 名
テンプレートを表示

96式戦車(96しきせんしゃ 別名:88C式戦車96式主战坦克・ZTZ-96/ZTZ-88C/WZ-122H)は、中華人民共和国戦車。世代としては第2世代に属し、事実上、中国における最後の第2世代戦車である。現在までに約1,500輌近く生産されている。

概要[編集]

96式戦車は、次期に採用される第3世代戦車である98式戦車99式戦車が、制式化以前から全面的な配備はその生産コストの高さから難しいことが予想されたため、88式戦車をベースに85-IIM/85-IIAP式戦車の技術を取り入れる形で比較的低コストの戦車として開発され、1996年に制式採用された。旧式化した59式戦車69/79式戦車を補う形で大量生産された。

近年では第3世代戦車に当たる99式戦車の技術をフィードバックした96A式戦車も登場し既存機種の改修も同時におこなわれている。

第2世代以降の西側主力戦車が50 tを超える重量を持つものが多い中、本戦車の重量は42.5 t に抑えられている。やはり50 t を超える98式戦車や99式戦車と異なり、既存の59式戦車用の輸送車両での移送が可能である。

85式戦車と同じく溶接砲塔を採用しており、車体と砲塔は前面部は複合装甲を採用。この複合装甲はモジュラー方式である為、被弾した際の装甲交換作業や新しい複合素材が開発された際のアップグレードも容易になっている。一説では最新鋭の99式戦車との互換性もあり同じ規格の装甲を共有できるとされている。96A式戦車では前面にドイツ軍レオパルト2 A5/A6に見られる楔形装甲が搭載され外観イメージが一新された。この楔形装甲は運動エネルギー弾であるAPFSDS弾に効果があるとされ各国でもその採用が検討されている。また、必要に応じてERA(爆発反応装甲)も取り付けられる。

エンジンは、当初85-IIM式戦車と同じ12150ZLBW 水冷ディーゼルエンジン(730hp)であったが、G型からは165型 V型8気筒水冷ディーゼルエンジンまたは150型 V型12気筒水冷ディーゼルエンジン(1,000hp)に変更された。最高速度は57km/h→65km/hへと向上しており、0~32km/hへ14秒で加速可能となった。96式戦車ではエンジンの搭載にパワーパック方式を採用し、メンテナンス時は40分程度でエンジン換装が可能である。

武装[編集]

旧ソ連の主力戦車の標準装備である2A46系の125mm滑腔砲を搭載。砲弾は分離装薬型で、カセトカ自動装填装置により1分間に6~8発発射可能である。初速は1,730m/sec 、最大射程は2,500~3,000m。現代の主力戦車の標準となっているHEAT弾、HE弾APFSDS弾、HE-FRAG弾などの各種砲弾を使用可能。さらに9M119 レフレクス対戦車ミサイルを砲身から発射可能。レフレクスは最大射程5,000mで均質圧延延式鋼板に換算して700mmの貫通力があるとされるも、1発500万円近くする為、1輌当たりの搭載数も少ない。

砲身のぶれを制動する機能が低いようで行進間射撃能力は期待できないが攻防速のスペックではロシア本国仕様のT-72に相当する能力を有しているとされる。また最近では改良型の96G式戦車において、暗視装置を微光増幅式から第二世代の熱線映像式に換装し、96式に比べて夜間における探知距離を大幅に延伸することに成功した。

輸出[編集]

2007年一月現在、タイ王国が既に100輌余りを購入する事を表明していたが最終的には2008年に契約不成立となった。 [1]

また、スーダンにも輸出されており、 2012年に破壊された南スーダンのT-72の写真が公開され、96式による初めての戦果ではないかと報道された。

採用国[編集]

採用予定国[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]