戦車砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

戦車砲(せんしゃほう)は、戦車に搭載された主砲の総称。

最初から戦車への搭載用として設計された物もあるが、既成の野砲高射砲対戦車砲をもとに車載用に改造された物も多く、反動を軽減するためのマズルブレーキの追加や駐退機の強化、閉鎖器を螺旋式や水平鎖栓式から垂直鎖栓式に変更、排煙器の追加などの手が加えられている。

かつての戦車の任務が塹壕の突破・歩兵支援であり、また、戦車の砲塔も小型であったため、榴弾砲や小口径の対戦車砲が搭載されていたが、第二次世界大戦では戦車同士の戦闘が増え、また、装甲とともに強化されていったため、現代では戦車砲として搭載されるのは対装甲貫徹力のある高初速砲だけである。

以前は弾丸に回転を与えて弾道を安定させるライフル砲が主流だったが、回転により威力の落ちるAPFSDS弾やHEAT弾の登場と共にライフリングの無い滑腔砲が採用されている。21世紀初頭の現在では口径120mm前後のものが主流であり、140mm級も開発されているが、発射時の反動を抑えるのに必要な車輌重量や砲弾の重量が大きすぎる事から採用には至っていない。120mm砲でも砲弾の重さが人力で装填できる限界にきているため、自動装填装置導入に踏み切る戦車が増えている。

有名な戦車砲[編集]

ナチス・ドイツの旗 ドイツ国/ドイツの旗 ドイツ

イギリスの旗 イギリス

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

  • D-10(100mm口径ライフル砲)


関連[編集]