カロネード砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビクトリー号搭載68ポンドカロネード砲

カロネード砲(カロネードほう)は、大砲の一種。イギリス海軍のロバート・メルビル中尉の発案で、スコットランドのカロン社で作られた近距離用の前装式滑腔砲。1776年に開発、1779年からイギリス海軍に正式採用され、1860年代頃まで使われた。

特徴[編集]

カロネード砲の特徴は砲身の短さと肉薄さにあり、例えば同じ32ポンド砲と比較するとデミ・カノン砲が自重2.5tに対して、カロネード砲は0.8t。砲身長3mに対して1.2mと半分以下である。また砲は初期を除いて従来の砲車ではなく、発射時に反動吸収装置として働くスライド式の固定砲架上(前部を軸に左右への指向は可能)に載せられおり、これによって一門あたりの砲員が少なく済む利点を生み出したため、戦列艦の補助火砲として、また通常は搭載不可能な大口径砲を4等級以下の重フリゲートに積載することが可能になった。

カロネード砲のもうひとつの特徴は、重さの割に口径が大きめに作られていたことである。設計段階から重火力が求められていたことで、そのサイズから滅多に艦砲にならない68ポンドの重砲弾が撃てるものまでが作られた。その威力はすさまじく「粉砕者」(Smasher)のあだ名が付けられた。

但し、代償として射程が犠牲になっており、カノンロイヤル級の68ポンド砲で比較すると通常砲の最大射程が約1600mに対し、カロネード砲は約360mでしかない。あくまで接舷戦直前で威力を発揮する近距離専門砲であるため、旋回砲同様の補助火砲扱いをされ、帆走軍艦の等級分けの基準となる備砲数には長い間含まれず、ようやくカロネード砲が備砲だと認められたのは1817年からだった。

歴史[編集]

カロネードは導入当初はその圧倒的な火力が魅力となり、イギリス海軍に積極的に配備されていった。間もなく世界各国の海軍に広まり、独立戦争ではアメリカ海軍にも採用された。その最盛期はナポレオン戦争頃で、英仏両海軍の戦列艦に装備されていた。

しかし、19世紀中頃には命中精度や射程に優れ、発射速度の速い後装式施条砲の登場によって、カロネード砲は登場一世紀にも満たない内に過去の物となった。

参考文献[編集]

田中航「戦艦の世紀」(毎日新聞社刊。S54年3月発行)。

関連項目[編集]