ルノー FT-17 軽戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルノー FT-17 軽戦車
FT 17.jpg
性能諸元
全長 5.00 m
全幅 1.74 m
全高 2.14 m
重量 6.5 t
速度 20 km/h(整地
7.6km/h(不整地
行動距離 65 km
主砲 21口径37mmSA18-戦車砲
(戦車砲型)
または
8mmオチキスM1914重機関銃
(機関銃型)
装甲 最大16 mm 又は 22 mm
エンジン 直列4気筒液冷ガソリン
39 馬力
乗員 2 名(車長、操縦手)
テンプレートを表示

ルノー FT-17 軽戦車(ルノー FT モデル 1917年式)は、フランスルノー (Renault S.A.)で開発された軽戦車である。FTは、フランス語で「軽量」を表す「Faible Tonnage」の略であるとされることも多いが、実際にはそれ自体に意味はない、ルノー社内の識別記号であったらしい。ちなみにフランス語で軽戦車はChar legerと書く。

概要[編集]

レイアウト図

近代戦車第一次世界大戦中に初めて登場したが、その中で、FT-17の設計は各国の戦車に比べ最も革新的で、以降の戦車の基本形となった。

FT-17は、フランス戦車部隊の父と呼ばれるジャン=バティスト・エティエンヌ将軍の構想から生まれた。本来は、鈍重なシュナイダーCA1サン・シャモン突撃戦車を指揮・支援することが開発目的であったが、実際には歩兵支援・直協戦車として使われた。設計生産を担当したルノー社は第一次世界大戦直前の1914年にはフランス国内で20%という第一のシェアを持つ自動車メーカーであり、すでにタクシー製造などで大量受注の経験があった。FT-17自体の設計にもルノー社の創業者であったルイ・ルノーが大きく注力したとも言われており、これらのことが革新的かつ安価で大量生産が可能な戦車を生み出した。

それまでの車台に箱型の戦闘室を乗せる形ではなく、直角に組み合わせた装甲板で車体を構成するセミ・モノコック構造であった。横材となる間仕切りで戦闘室とエンジン室を分離し、これによってエンジンの騒音と熱気から乗員を解放した。小型軽量な車体と幅広の履帯、前方に突き出た誘導輪(木製の起動輪が車体後方にある後輪駆動方式)などによって優れた機動性を備えており、良好な視界を得るために設けた全周旋回砲塔は単一の装砲での360度の射界を確保した。戦車が全方位に回転できる砲塔を備えることは今日では当たり前になっているが、これはFT-17で初めて採用されたものであった。結果として、前方に操縦席、中間に砲塔と戦闘室、後方に隔壁で仕切られたエンジン室という、現代戦車に通じる基本的なレイアウトを確立した。

プロトタイプ1917年2月に製作され、同年3月には150輌の発注が行われた。製造は数社で行われ、以降3,800輌以上が生産された。試作車と極初期型は一体鋳造された円錐台形の砲塔をもっていたが、量産型初期にはリベット接合の八角形の砲塔が搭載された。主量産型では、試作型とは異なる形状の鋳造の丸い砲塔(ベルリエ砲塔、またはジロド砲塔と呼ばれる)になった。この丸砲塔搭載型は、FT-18とも呼ばれることがある。ルノーFTの旋回砲塔は、砲塔内側に設置された取っ手を握って人力旋回させるという操作法を採用している。

実戦での使用[編集]

FT-17は、第一次世界大戦中の1918年5月31日のレッツの森での戦闘を初陣に、戦場で広く使われるようになった。

大戦後、多くの国に輸出され、各国で最初の戦車として、機甲部隊を構成することになった。その後の紛争、ロシア革命ロシア内戦ポーランド・ソビエト戦争第三次アフガン戦争国共内戦満州事変スペイン内戦などでも使用された。第二次世界大戦でも、ポーランド侵攻時のポーランド軍や、フランス侵攻時のフランス軍ユーゴスラビア侵攻時のユーゴスラビア王国軍などで使われていた。フランス軍では2,000輌近くが警備部隊などに配備されていたが、その時にはすでに旧式化していた。

フランスでドイツ軍に捕獲されたもののうち一部は後方部隊に配備されたり、装甲列車に連結された無蓋車に搭載され対独パルチザン対策にあたった。また一部は砲塔を外され砲牽引用の砲兵トラクターとなった。不要になった砲塔は要塞などの資材に転用され、トーチカとして据え付けられた。1944年のパリ解放直前までパリ駐屯ドイツ軍によって市内警備任務に使用されていた。

日本でのルノー FT-17 軽戦車[編集]

第一次世界大戦後、各国に輸出されたルノー FT-17 軽戦車だが、日本でも1919年(大正8年)から1920年(大正9年)にかけて、大日本帝国陸軍マーク A ホイペット中戦車数輌(3輌説あり)とともに、ルノー FT-17 軽戦車を(10輌もしくは13輌もしくは15輌説あり、つまり2個戦車隊分+α)輸入した。輸入した内には弾痕が残る中古の車輌も含まれていたという。おそらくこの内の数輌が陸軍騎兵学校にも分けられたと考えられ、そして1920年(大正9年)から陸軍騎兵学校でもルノー FT-17 軽戦車の運用研究を開始し、それを参考に、後に九二式重装甲車が開発された。

これらの輸入戦車を用い、日本初の戦車隊として、1925年(大正14年)5月1日に、福岡久留米に「第1戦車隊」が、千葉の陸軍歩兵学校に「歩兵学校戦車隊」が、同時に創設された。さらに大量の中古のルノーFT-17 軽戦車の輸入計画も存在したが、陸軍技術本部による戦車国産化計画が認可されたため中止された。

同年の戦車隊への配備時に、ルノー FT-17 軽戦車の武装を6.5mm改造三年式機関銃に換装して(一部の車輌は37mmの改造狙撃砲改造十一年式平射歩兵砲を搭載した)、1931年(昭和6年)の満州事変の頃まで運用し続けた。

1930年(昭和5年)には、生産が進まない八九式軽戦車の間に合わせに、ルノー FT-17 軽戦車の後継である、ルノー NC27 軽戦車が10輌(12輌説あり、つまり1個中隊分+α)輸入された。ルノー NC27 軽戦車の輸入後は、運用側では、先に輸入していたルノー FT-17 軽戦車との区別のために、ルノー FT-17 軽戦車を「ルノー甲型戦車」、ルノー NC27 軽戦車を「ルノー乙型戦車」と呼称した。

満州事変では、百武俊吉大尉率いる臨時派遣第1戦車隊に、ルノー FT-17 軽戦車がルノー NC27 軽戦車とともに、配属された。

ルノー FT-17 軽戦車は実用速度は4km/h程度で非常に遅かったが、歩兵支援/直協戦車としては問題なく、日本軍の歩兵には心強い味方として頼りにされ好評だった。

輸入分以外にも、満州事変で奉天軍閥からも2輌以上鹵獲した。

バリエーション[編集]

1930年代のブラジル陸軍でのカラーリング
FT-17 砲戦車
主量産型のうちの37mmSA18砲搭載型。生産された戦車の約3/5に装備。
FT-17 機銃戦車
主量産型のうちのオチキス8mm機関銃 搭載型。生産された戦車の約2/5に装備。
FT BS
通常のFTの支援用に開発された自走砲で、シュナイダー社製75mm短砲身榴弾砲(Blockhaus Schneider、9.5口径)を大型化した固定砲塔に搭載。加えて、超壕用の戦車橋を運ぶためのアタッチメントを装着していた。1917年12月時点で700輌の発注が行われていたが、実用化以前に戦争が終結したため、少数の生産に終わった。
TSF
非武装の無線司令車。砲塔を廃し箱形の戦闘室に乗員3人が搭乗。1917年12月時点で200輌が発注されていたが、戦争終結までに同車を受領したのは3個連隊のみだった。
1941年、ドイツのユーゴスラビア侵攻の際に撃破されたユーゴスラビア軍の軍のFTケグレス=インスタン。後方に通常型のFTも一部見える。
FTケグレス=インスタン
1920年代半ば、FT-17の走行性能を向上させるため、ケグレス方式のリーフスプリング・サスペンションと、鋼芯入りゴム履帯を持つ足回りを装着する改造が行われた。42輌製作されたM24/25は、仏領モロッコでの反乱鎮圧に投入され、小改良型のM26/27は少数がユーゴスラビアポーランドに輸出されたが、耐久性に難がありそれ以上は作られなかった。後のルノーNCの元になった。


FT-17 近代化改修型、ソミュール戦車博物館
FT-17 近代化改修型
1930年代初頭、フランスは自国が装備するFT機銃戦車型の武装を7.5mm機関銃M31 に改めた。これに合わせ、機銃マウント部も新しいものになっている。M31は1930年代以降のフランス軍戦車の標準車載機銃であった。これと同時、あるいはほぼ前後して、砲戦車型も合わせ、起動輪もオリジナルの木製のものから鋼製のものに交換され、操縦手前面ハッチもより厚いものに変更されている。砲戦車型ではハッチは旧来のものである場合が多い。


フランス以外での生産型[編集]

M1917軽戦車
ルノーFTをアメリカで生産するにあたりフランス式のメートル法をアメリカのフィート・ポンド法に設計し直し、同時に各部の改良も施されている。第一次世界大戦休戦までには64輌が完成したのみで、フランスの戦線に送られたのは10輌にとどまる。1931年まで製造が続けられ計950輌が生産された。第二次世界大戦では訓練用戦車となった。
KS戦車
M型戦車、もしくは「ルスキー・レノ(ロシア製ルノー)」の名でも知られる。ロシア共和国で生産された派生型。1918年から1922年のロシア内戦では協商国により白軍に対する支援が間接直接的に行われたが、この際にフランス軍から白軍に提供されたルノーFTが赤軍に多数捕獲された。その一方で、赤軍ではFTのコピー生産が計画され、ニジニ・ノヴゴロドのクラスナエ・ソルモヴォ工場がそれを担当した。1919年10月、「自由の戦士・同志レーニン号」と名付けられた第一号車が完成しテストされ、その後15輌が生産されたと言われる。KSの名は工場名に由来する。試作車も含め、戦場で回収されたFTの再生車であった可能性も示唆されている。ただし、オリジナルのFTは砲搭載か機銃搭載か選択されたのに対し、生産型のKS戦車は砲塔前面に砲、砲塔右側面に機銃と、両方を装備しているという違いがあった。その後ソ連では、ライセンス生産したイタリアのフィアット製エンジンとアメリカ製の変速機を搭載した独自の発展型を開発、これはMS戦車(後にT-18と改称)として、約1000輌が生産された。
FT-17 CWS
ポーランドでは多数のFT-17が使われ、派生型のTFSやFTケグレス、発展型のNCも輸入された。1925年、FTの走行性能を向上させるため、ピッチの細かい新型履帯と、それに合わせた起動輪・誘導輪が一部の車両に導入された。1926年には、スペアパーツと、防弾鋼板ではない普通鋼板を使い、27輌のFTがCWS社で生産された。これら装甲防御力を持たないポーランド国産FTは訓練用に使われた。
FIAT3000
イタリアが戦間期、FTを元に開発・生産した独自の発展型。1920年に試作車が完成、その1930年代初頭にかけて改良を繰り返しながら生産が行われた。

現存車両[編集]

約41輌のFTが各国の博物館に現存している[1]

ヨーロッパ:

3輌のFTを所有しており、2輌が走行可能。再生不能で静態展示の1輌はアフガニスタンから購入した。アフガニスタンからは他に2輌のFTが購入され、1輌はパットン戦車博物館に[2]、1輌はポーランドに渡った。ソミュール戦車博物館は他にFT TSFを所有している。
  • ミュゼドゥ軍事博物館(フランス、パリ)
1輌のFT。
1輌のFT。
1輌のFT。非武装の訓練車両[3]
1輌のFT[4]
1輌のFT[5]
1輌のFTが屋外展示[6]
1輌のFTが屋内展示[7]
  • Musée de l'armée Suisse(スイス、ブルクドルフ)
スイス陸軍が1922年にはじめて装備した車両が展示されている。
  • Museo de Medios Acorazados(スペイン、El Goloso)
修理中のFT-17。
  • 他に、好事家が制作したフルスケールモデルが存在する。


北アメリカ:

メリーランド州のフォート・ジョージ・G・ミード博物館
2003年、アフガニスタン・カブールのスクラップ置き場でロバート·レディング少佐が発見した1輌の37mm砲搭載型とそれ以外の8mm機関銃搭載型のFTは、アフガニスタン政府の許可を得て回収され、復元された。37mm砲搭載型はカブールに展示され、8mm機関銃搭載型はフォートベニングに展示されている。
  • ルイジアナ州立軍事博物館(アメリカ、ルイジアナ州ニューオーリンズ)
2005年のハリケーン・カトリーナで水没したが、修復された。
  • National World War I Museum(アメリカ、カンサス州ミズーリ)
ドイツ軍の火砲でダメージを受けた車両が展示されている[8]
静態展示。
ジオラマにて展示。

南アメリカ:

  • Museu Militar Conde de Linhares(ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ)
1輌のFT。
  • Museu Eduardo André Matarazzo(ブラジル、Bebedouro)
1輌のFT[1][9]

オーストラリア:

1輌のFT。

登場作品[編集]

フランコ軍の戦車として登場。
隣国へ侵攻するトメニア陸軍の戦車として登場。国境線近くの干し草の藁山に隠蔽されており、偽装ドアを押し開いて中から次々と出現する。

出典[編集]

参考資料[編集]

  • Steven Zaloga, "THE RENAULT FT LIGHT TANK", Osprey-Vanguard #46, OSPREY PUBLISHING, LONDON 1988

関連項目[編集]

アフガニスタンで発見されたFT-17 - YouTube