クビンカ戦車博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クビンカ戦車博物館ロシア語: Военно-исторический музей бронетанкового вооружения и техники в Кубинке, 英語通称:Kubinka Tank Museum)とは、モスクワ郊外にあるクビンカ基地の敷地内にあるロシア最大の戦車装甲車輌博物館である。世界中から集めた300両以上の戦車・装甲車が展示されており、世界中でここにしかない車両も多い。

概要[編集]

モスクワ近郊のクビンカは、第二次世界大戦前より、旧ソビエト連邦の装甲車両中央研究所(НИИ БТ)およびそのテストコースの所在地であり、現在の博物館の展示車輌は、その資料として収集・保存されたものが核となっている。

おそらく当初は研究所・テストコースに雑多に保管されていただけの車輌を、博物館として整備したのは1972年のこととされる。さらに1975年には、それまで野外展示であったものを、軍のハンガーを利用し、ほとんどを屋内に収容した。ただしその後も長らくは一般には非公開で、軍、軍需産業関係者のほか、ごく一部の人々が観覧できるのみの場所であった。一般にも公開され、西側にも知られるようになったのはグラスノスチ以降のことで、取材により現存しないと思われていた各国の装甲車輌や、知られていなかったソ連の試作戦車などの存在が明らかになった。

革命戦争期に使われた第一次世界大戦型の戦車はじめ、古今東西の戦車・装甲車輌300輌以上を所蔵し、イギリスのボービントン戦車博物館と並ぶ世界最大級の戦車博物館となっている。

軍の研究所・試験場の付属施設であることから、第二次世界大戦前からのソ連軍の装備車輌のほか、その試作車輌も多数所蔵している。さらに、敵国・仮想敵国からの鹵獲車輌の評価試験も行っていたため、第二次世界大戦中のドイツ軍ほか枢軸各国の車輌、朝鮮やベトナム、中東、南米等で入手した冷戦期の西側各国の車輌も多い。また、近年は海外の博物館との交換で入手した車輌、ロシア領内で発掘された大戦中の車輌等もあり、所蔵車両はなお増加している。以前は(特に鹵獲車輌の)塗装やマーキングが考証を考慮しないものであったが、ソ連崩壊後は各車輌のレストアも進み、改正されつつある。

クビンカ戦車博物館にしか現存しないクーゲルパンツァー

現在、展示車両は、7つの展示館に収容されているほか、若干の屋外展示がある。展示館は、

  • 第1棟:ソ連・ロシア軍車両(重戦車
  • 第2棟:ソ連・ロシア軍車両(中戦車およびMBT
  • 第3棟:ソ連・ロシア軍車両(軽戦車空挺車両装甲兵員輸送車等)
  • 第4棟:ソ連・ロシア軍車両(装輪車両)
  • 第5棟:アメリカ、イギリス軍車両
  • 第6棟:第二次世界大戦中のドイツ軍車両
  • 第7棟:その他の国々(フランス、日本、チェコ、ポーランド、ハンガリー、中国等)の車両

よりなる。

大戦中のドイツ軍の超重戦車マウスカール自走臼砲33B突撃歩兵砲VK3001(H) 12.8cm自走砲ミーネンロイマー、開発経緯・使途不明の“クーゲルパンツァー(球形戦車)”、旧日本海軍の特二式内火艇、旧ソ連で核戦争下での行動を想定して設計された試作重戦車オブイェークト279、ミサイル戦車IT-1、重戦車IS-4ほか多数の試作戦車など、ここにしか現存しない車輌を多数所蔵していることも大きな特色である。

外部リンク[編集]