国軍歴史文物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 国軍歴史文物館
R.O.C Armed Forces Museum
Armed Forces Muaeum in taipei.jpg
施設情報
正式名称 國軍歷史文物館
専門分野 戦争史、軍隊
事業主体 中華民国国軍
開館 1961年(民国50年)10月31日
所在地 100
台北市中正区貴陽街 一段243号
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

国軍歴史文物館(こくぐんれきしぶんぶつかん、國軍歷史文物館)とは、台湾台北市中正区貴陽街にある、中華民国軍の歴史と装備品に関する軍事博物館である。略称は「軍史館」である。

概要[編集]

1961年10月31日に開館。展示内容は1911年辛亥革命以降の中華民国軍の戦歴に関するものである。北伐、抗日戦争(日中戦争)、台湾海峡戦役といった戦闘シーンを描いた絵画や、数多くの歴史的資料やジオラマが展示されている。旧日本軍関係では、中華民国軍に鹵獲された兵器類や資料が展示されており、岡村寧次大将の降刀があるほか、南京事件の際の百人斬り競争の証拠とされる日本刀のほか、日本軍18師団の師団印や寄書きのある日章旗が展示されている。また建物前には旧日本軍の砲弾も展示されている。

現在の中華民国軍の最新装備品に関する展示も充実しており、歴代の中華民国軍の責任者の肖像が展示されている。砲火体験をシミュレーションできる装置があるほか、中華民国陸軍の実物制式機関銃を改造したモデルガンによる的撃(弾丸ではない)といった体験型展示物も多数ある。

利用案内[編集]

  • 開館時間:9:00~16:00
  • 休館日:日曜日、祝祭日
  • 入館料:無料(ただし団体客の場合、事前に電話もしくはホームページで予約が必要)
  • 交通アクセス:台北捷運(地下鉄)西門駅2番出口から400m、徒歩5分
展示物には日本語による説明はないが、各展示室の前に持ち運びできる説明板が用意されているほか、無料パンフレットも用意されている。

外部リンク[編集]