モニノ空軍博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
博物館概観

空軍中央博物館(くうぐんちゅうおうはくぶつかん ロシア語: Центральный музей Военно-воздушных сил РФ 英語: The Central Museum of the Air Forces at Monino[1] 正式名称:: ФГУ культуры и искусства Центральный музей Военно-воздушных сил, BBC : Federal Culture and Arts Center Museum of the Air Force)はロシアモスクワの東38km[1]に位置するモニノ空軍基地内にあるロシア最大の航空博物館である[1]。日本国内ではモニノ空軍博物館としても知られる。

概要[編集]

1958年に建設され設立当初は「ソビエト空軍博物館」として1960年に開館[1]。ソ連時代はその立地から一般市民の立ち入り禁止区域に設定されており、ロシア連邦となった現在でもロシア国籍以外の入場は事前申請が必要とされる[1]。ロシア航空機に関するものとしては世界最大であり、173機の航空機と127基の航空機エンジンが展示され、兵器、機材、制服、その他航空に関係する物が多く収蔵されている。訪問者は書籍、映画フィルム、写真等が収められた図書館を訪れることもできる。博物館は、ユーリ・ガガーリンの名を取った士官学校に隣接している。2001年に政府機関から独立し公式ホームページを立ち上げている[1]

開館時間[編集]

博物館は水曜日を除く平日の9:30am から1:00pm と2:30pmから5:00pm、土曜日は9.30am から2:00pmに開館している。日曜日と水曜日は閉館である。 博物館はガガーリン空軍士官学校の敷地にあるので、すべての訪問者は軍事施設の入域手続きをしなければならない。2006年夏現在、特別な許可は必要とされていない。

展示機の一例[編集]

旅客機

戦闘機

爆撃機

ヘリコプター

他の航空機

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Information about the Museum”. moninoaviation.com. 2012年2月3日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯55度50分34秒 東経38度10分53秒 / 北緯55.84278度 東経38.18139度 / 55.84278; 38.18139