ドイツ技術博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイツ技術博物館

ドイツ技術博物館 (-ぎじゅつはくぶつかん、ドイツ語: Deutsches Technikmuseum Berlin) は、ドイツベルリン(当時は旧西ベルリン)に1982年に設立され、歴史的な技術加工品の大規模なコレクションを展示している。博物館の主要な展示は、鉄道であるが、工業技術の多様な展示品も大きな特徴となっている。最近には、海事と航空の展示ホールもオープンさせている。この博物館は、スペクトルと呼ばれる科学センターも含んでいる。

2002年5月15日には、Zuse Z1の再現を含む、コンピュータ開発者、コンラート・ツーゼの発明を特色とする特別展示がオープンした。

博物館は、ベルリンクロイツベルク英語版地区に位置し、以前、ベルリン・アンハルター駅英語版の貨物駅の一部だった建物にある。建物の有名なC-47「Raisinbomber」スカイトレインは、ベルリンテレビ塔の頂上やベルリン・テンペルホーフ国際空港の着陸時に容易に見ることができる。

博物館では、大規模な鉄道コレクション、メッサーシュミット Bf110対空兵器、最後のFw 200V1飛行爆弾のある飛行機部門など、多くの遺産を揃えている。マチアス・ルスト冷戦中にモスクワへ飛ばしたセスナも展示に加えられた[1]

出典[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯52度29分55秒 東経13度22分39秒 / 北緯52.49861度 東経13.37750度 / 52.49861; 13.37750