パロラ戦車博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg パロラ戦車博物館
Panssari museo
施設情報
専門分野 軍事博物館
開館 1961年6月18日
所在地 {{{所在地郵便番号}}}
フィンランドパロラ
ウェブサイト www.panssarimuseo.fi
公式サイト www.panssarimuseo.fi
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

パロラ戦車博物館フィンランド戦車博物館である。

正式名称はpanssari museo(戦車博物館)であり、パロラはあくまでも所在地である。パローラと呼ばれることもあるが現地の表現によると正確ではない。

概要[編集]

フィンランドで最大の収蔵数を誇る戦車博物館であり、高射砲対戦車砲を除く、冬戦争から現在までにフィンランド国防軍が用いた現代兵器の殆どが収められている。

中にはBT-42T-50など他ではまず見られない珍しい車両も存在し、一部の火砲も展示品目になっている。また現役運用のレオパルド2なども展示されている。

具体的な展示品[編集]

※全てが公開されているわけではない。

戦車

T-72
BT-42
III号突撃砲
BA-10

自走砲

装甲車両

火砲

その他[編集]

冬戦争や継続戦争当時の兵舎や高射砲陣地なども再現されている他、塹壕を利用したカフェなども存在する。

退役軍人が中心のボランティア団体Panssarikilta(戦車協会)が運営をしており、入場料金は約5ユーロ

車両の多くは野外展示になっているが、屋内展示も存在し、屋内展示ホール二つと野外展示一つの3セクションで構成されている。

基本的に5月~10月あたりの昼間(10:00~18:00)のみが一般公開で、それ以外のオフシーズンと6月25日(フィンランド戦車隊創設日)は休館。

フィンランド陸軍の演習地が隣接している。

参考[編集]

外部リンク[編集]

(いずれもフィンランド語)

関連項目[編集]