Mi-26 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Mi-26

Panh Mil Mi-26.jpg

Mi-26NATOコードネーム:Halo"ヘイロー")は、ソビエト連邦/ロシアの軍、民間用大型輸送ヘリコプターである。現在生産されているヘリコプターにおいて世界最重を誇る。Mi-26は世界初の8枚を持つヘリコプターである。

開発[編集]

Mi-26は、史上最大の貨物容積を持つ、軍用及び民間用の輸送ヘリコプターとして、1970年代に開発された。初号機は1977年12月14日に初飛行し、1983年からソビエト連邦軍にて就役が始まった。

大型ヘリコプターのMi-6と比べて重量がわずかに重い程度のMi-26であるが、ペイロードはMi-6の12トンと比して20トン以上ある。また、1発のエンジンが停止した場合でも、エンジンロード・シェアシステムにより飛行が可能である。 機体は、シングルローター式であり、胴体上部にターボシャフトエンジンを2基搭載する。テール・ローターは胴体後部より伸びたテール・ブームの先に設置されている。

1980年代より就役が開始されている。

運用[編集]

ロシア空軍のMi-26

1986年4月26日に発生したチェルノブイリ原発事故では、Mi-8などと共に上空から砂・鉛・ホウ素などを散布しての消火活動を行った。これらの機体は全てが高レベルの放射能で汚染されているため、放射性廃棄物として現在[いつ?]も発電所周辺に放置されている。

2002年8月19日チェチェンの分離独立派が地対空ミサイルでMi-26を撃墜し、機体が地雷原に墜落した。これによりヘリコプターの乗務員やロシア連邦軍兵士が127名死亡している。調査の結果、本来定員80名のMi-26に150名近く搭乗していたことによる積載過剰であることが墜落の主な理由であることが判明した。1997年の時点で、過剰積載を禁止する命令が出されていたが、このケースでは明らかに命令が守られていなかった。

この墜落を受けて、ロシア連邦大統領ウラジーミル・プーチンは軍の失態を調査するように命令し、墜落機の司令官は規則違反で有罪判決が下された。また、当該航空機を撃墜したチェチェン人は2004年4月に終身刑に処せられた。

2008年5月12日に発生した四川大地震では、復興作業で2機のMi-26が使用された。1機はロシアからの救援隊、もう1機は中国中国飛龍専業航空のMi-26Tが災害地へ派遣された。 いずれも機材の輸送が主な任務であった。

2011年12月16日に新たに量産が始まり、2機が東方軍管区に編入された。

派生型[編集]

V-29
試作機
Mi-26 Halo-A
軍用輸送版
Mi-26A
Mi-26M
Mi-26MS
医療輸送用
Mi-26NEF-M
対潜戦闘仕様
Mi-26P
63人乗り民間機
Mi-26PK
Mi-26T
民間輸送用
Mi-26TS
Mi-26Tの輸出版
Mi-26TC
Mi-26TM
Mi-26TP
消防用
Mi-26TZ
空中給油機

性能・主要諸元[編集]

Mi-26の三面図

諸元[編集]

性能[編集]

  • 超過禁止速度
295km/h
  • 航続距離
1,952km
  • 上昇限度
4,600m

運用国[編集]

アエロフロート(ソ連時代)のMi-26
メキシコ空軍のMi-26
ベラルーシの旗 ベラルーシ
コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国
インドの旗 インド
ラオスの旗 ラオス
メキシコの旗 メキシコ
ネパールの旗 ネパール
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
ペルーの旗 ペルー
ロシアの旗 ロシア
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ウクライナの旗 ウクライナ
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン
ベネズエラの旗 ベネズエラ

民間用[編集]

消火活動をデモンストレーションするMi-26TC
カナダの旗 カナダ
  • Airborne Energy Solutions - 1機のMi-26をUTエアー航空から買取。
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
ギリシャの旗 ギリシャ
  • Mi-26T
インドの旗 インド
イタリアの旗 イタリア
ラオスの旗 ラオス
ペルーの旗 ペルー
ロシアの旗 ロシア
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

登場作品[編集]

連邦軍のヘリとして登場。
テロ組織が使用。
ロシアン・マフィアが使用する。プレイヤーは操縦不可。
中国人民解放軍ベネズエラ軍が「J・ウィンド重輸送ヘリ」という名称で使用。
ソビエト連邦軍の大型輸送ヘリとして登場。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]