ミハイル・ミーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミハイル・レオンチエヴィチ・ミーリ (ロシア語: Михаил Леонтьевич Миль ミハイール・リオーンチイェヴィチュ・ミーリ1909年11月22日 - 1970年1月31日)はM・L・ミーリ記念モスクワ・ヘリコプター工場の創始者・技術者である。Mi-24などの設計者としても知られている。

イルクーツク出身。ユダヤ系の中流家庭出身で祖父は軍人で、シベリアに長い期間いた。12才の時にコンテストでグライダーを出品した。1925年にミハイルはトムスクにあるシベリア工科大学(現トムスク工科大学)に入学したが、その後ノヴォシビルスクに移り、さらに1928年にはノヴォチェルカッスクのドン工科大学(現南ロシア国立技術大学)に移る。1932年に結婚をして4人の娘と息子が1人いる。

略歴[編集]

授与[編集]

  • 1958年にMi-4がブリュッセルで開かれた世界展覧会でゴールドメダルを受賞した。
  • ミハイル死後の1971年Mi-12がシコルスキー・プライズから、世界で最もパワフルなヘリコプターであると認定されたが機は試作のみで開発が終わった。

外部リンク[編集]