Mi-8 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Mi-8

ロシア航空のMi-8PS-7

ロシア航空のMi-8PS-7

Mi-8(ミル8;ロシア語: Ми-8ミー・ヴォースィェミ)は、ソビエト連邦ミル設計局で開発されたヘリコプターである。北大西洋条約機構(NATO)の使用したNATOコードネームでは「ヒップ」("Hip")と呼ばれた。

1961年Mi-4を改造した原型機が初飛行した。

概要[編集]

単純で頑丈な構造と汎用性の高さが特徴で、軍用、民間含めて12000機以上が生産されている。現在も製造、販売が行われており、旧東側諸国アフリカ諸国だけでなくドイツの警察、アメリカの航空会社でも使用され、コミューター機としての使用や個人、企業の所有機も存在する。

軍用型は特に旧共産圏やアフリカ諸国に輸出され、第一線機として使用されている。

日本では、朝日航洋が特注の改装使用であるMi-8PAを一機(登録番号:JA9549)、重量物の空輸のために使用したが、設計基準の違いで旅客輸送は認可されていなかった。朝日航洋の機体は引退して所沢航空発祥記念館に寄贈されるまで、1980年から1993年にわたりおよそ3000時間飛行したが、不具合はほとんどなく、整備費は1時間あたりに換算して500円とされていた。

派生型[編集]

Mi-8T
Mi-8Tを後方より。
扉に座席が見える
Mi-8Tを後方より。
座席のアップ
  • V-8「ヒップA」:Mi-4を改造した原型機。エンジンは1基のみ。
  • Mi-8「ヒップB」:エンジン2基に増設した試作機。
  • Mi-8「ヒップC」:軍用型。外部の武装ラックにロケット弾ポッドを搭載可能。
    • Mi-8PS「ヒップD」:空中指揮管制機。ヒップCにアンテナなどを追加したもの。
  • Mi-8T:民間向け。貨物・旅客輸送用。最大座席24席。
  • Mi-8PS:旅客、VIP輸送用。
  • Mi-8TPS:空中通信型。
  • Mi-8MT/TV:エンジンをクリモフTV-3-117-MTターボシャフトエンジンに転換した機体。輸出用はMi-17(NATOコードネーム ヒップH)と呼ばれる。
    • Mi-8MTV:基本的には上記の機体と同じ。与圧式客室を採用。輸出用はMi-17M/Vと呼ばれる。
  • Mi-8TB/TV「ヒップE」:軍用支援型機体。機首に12.7mm機銃を装備。AT-2搭載可能。
  • Mi-8TL:航空事故調査機。
  • Mi-8R/K:砲兵観測支援機。
  • Mi-8MPS:救難仕様機。
  • Mi-8VZPU/VPK:空中指揮通信機。
  • Mi-8TS:砂漠仕様機。
  • Mi-9(Mi-8IV)「ヒップG」:空中指揮通信機。アンテナが戦闘室後部から突出している。
  • Mi-8SMV「ヒップJ」:電子戦機。胴体両側面に大型アンテナを搭載。センサー類も追加装備している。
  • Mi-8PPA「ヒップK」:電子戦機。SMVの輸出用。
  • Mi-8PD:空中指揮管制機。ポーランドが運用。
  • Mi-8MA:極地調査機
  • Mi-8MB:救急救難仕様機。負傷者の輸送可能。
  • Mi-8TG:LPGを燃料とする機体。
  • Mi-8-8AMTSh:夜間攻撃機。9M120アターカVを装備している。

など。

使用国[編集]

ポーランド軍のMi-8S


使用企業[編集]

性能・主要諸元[編集]

登場作品[編集]

ゲーム[編集]

ロシア超国粋主義派グループとアル=アサド私兵が使用。ゲーム中頻繁に登場する。
日本を占拠したロシア軍の機体として登場。プレイヤーも購入して使用できる。
第4ステージの第1エリア終盤で敵機として4機現れる。プレイヤーはスティンガーミサイルでこれを撃墜する。また、テロ組織のリーダーが乗って逃げる際にも登場する。

映画[編集]

朝鮮人民軍のヘリコプターとして登場。青と白を基調としたカラーリングが施され、その一角に「Mi-8」と表記されている。
朝鮮人民軍のヘリコプターとして登場。

外部リンク[編集]