An-30 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アントーノフ An-30 /
 Антонова Ан-30

オープンスカイ条約に基づき運用されているロシア空軍のAn-30

オープンスカイ条約に基づき運用されているロシア空軍のAn-30

An-30ロシア語: Ан-30)は、ソビエト連邦ウクライナ)の観測機偵察機輸送機としても運用されている。アントーノフ設計局An-24を原型機としている。NATOコードネームは、クランク(Clank)。

開発[編集]

アントーノフ設計局は、航空地図作成を目的としてAn-24の観測機型An-24FKとして開発した。FKは、写真による地図作成を意味する「fotokartograficheskiy」に由来する[2]

機体前方の設計変更が行われ、An-24よりも良好な視界を得られるコクピット、ガラス張りの機首、胴体下方にカメラの追加が行われた。この設計変更が認められ、An-30という新たな名称が与えられた生産型は、1971年よりキエフの工廠で生産が開始され[3]、同年には最初の生産型が完成した。
1975年、パリ航空ショーで展示され、この時に与えられたNATOコードネームがクランクである[1]。1980年には生産が完了している[3]

特徴[編集]

乗員はAn-24の4名から増加し7名となった。カメラなどを運用するオペレーター2名の席が増設され、食料庫や休憩用の座席も設けられた。「ベランダ」というあだ名を持つ機首の観測スペースへの移動は、機内を這って進まねばならなかった。このスペースを設けたことで、レーダーは取り除かれ、あらたに小型のドップラーレーダーが装備されたが、性能的に不十分であったため、一部の機体にはGroza-M30レーダーが追加装備された[1]

胴体には撮影用の窓が設けられ、不要時には閉じることでひび割れの防止や、離着陸時に巻き上げる小石などからの防御が可能であった。右前方の大型のドアは維持され、機材の積み卸しに活用された。機体側面の窓は、An-24や試作型のAn-24FKと異なり、An-32と同様にその大半が存在しなかった[1]

カメラは3機が機体中心下部に直線に配され、2機がそれぞれ28度の角度で取り付けられていた[3]。高度2,000mから7,000mの範囲で、20万分の1から1500万分の1までの解像度で撮影が可能であった[4]

型式[編集]

An-24FK
試作機
An-30A
民間型。アエロフロート65機、政府機関6機、輸出18機を製造。
An-30B
ソビエト連邦空軍向けの型。チャフディスペンサーを装備。偵察機としても運用された。
An-30D
シビリャーク(Сибіряк)と呼ばれる、長距離型。An-30を改造して5機が製造され、排他的経済水域の監視や輸送に用いられた。
An-30FG
チェコスロバキア空軍向けの発展型。
An-30M
気象制御目的の散布装置搭載型。(Метеозащіта、Meteozashchita)と呼ばれる。
An-30R
放射線観測機。チェルノブイリ原子力発電所事故に出動した。
An-30-100
ソビエト連邦崩壊後、An-30を改造して製造されたVIP輸送型。乗客20名。

運用[編集]

An-30Mは、人工降雨による農作物の損害回避などの気象制御に用いられた。式典時の晴天演出も任務とし、メーデー1997年9月のモスクワ850年記念式典などが知られている[5]

アフガニスタン紛争に際しては、1982年から航空写真による地図作成を行い、1機が損傷を受けた後墜落した。また、キューバの保有機は、1987年アンゴラで活動を行っている。

喪失[編集]

2011年までに、運用中に2機が失われている[6]

1985年3月11日、ソビエト連邦空軍のAn-30Bがアフガニスタンカブール国際空港の北25km付近で、地対空ミサイルにより被弾、エンジンに損傷を負い着陸に失敗して2名が死亡した[7]

1992年3月22日、アエロフロートの機体がニジネヤンスク(en:Nizhneyansk)の西53km付近でオートパイロットの操作ミスにより空中分解を起こし、川に墜落した。乗員・乗客あわせて10名全員が死亡している[8]

要目[編集]

出典[1][3][9]

  • 乗員: 7(機長、副操縦士、航法士、通信士、航空機関士、オペレーター2名)
  • 全長: 24.26m
  • 全高: 8.32m
  • 翼幅: 29.2m
  • 機体幅: 2.9m
  • 翼面積: 74.98m2
  • 翼面加重: 306kgf/m2
  • 空虚重量: 15,590kg
  • 最大離陸重量: 23,000kg
  • エンジン: イーウチェンコAI-24VT ターボプロップ、2,100kW × 2
  • APU: ツマンスキーRU19A-300 ターボジェット、8.8kN
  • 最大速度: 540km/h
  • 巡航速度: 430km/h
  • 航続距離: 2,630km
  • 上昇限度: 8,300m
  • 上昇率: 6,000m/17分、8,300m/42分
  • 離陸滑走路長: 710m(コンクリート舗装)
  • 着陸滑走路長: 770m

運用者[編集]

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ソビエト連邦空軍アエロフロート
ロシアの旗 ロシアロシア空軍モスコビア・エアen:Moskovia Airlines)1機、(Lukiaviatrans)5機、ミャチコヴォ航空(Myachkovo Air Services)4機、ノヴォシビルスク航空en:Novosibirsk Air Enterprise)3機、ポレット航空en:Polet Airlines)3機、(Practical Geodinamics Center)3機。
ウクライナの旗 ウクライナウクライナ空軍ARP 410航空が2機、ウクライナ航空が6機運用。
アフガニスタンの旗 アフガニスタン:1985年、アフガニスタン空軍が1機を受領している。
キューバの旗 キューバキューバ空軍
スーダンの旗 スーダンスーダン空軍にAn-30A-100が1機存在している。
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキアチェコスロバキア空軍
チェコの旗 チェコチェコ空軍、2003年退役。
中華人民共和国の旗 中華人民共和国人民解放軍空軍が7機を運用している[9]中国民用航空局が1機運用。
ブルガリアの旗 ブルガリアブルガリア空軍
ベトナムの旗 ベトナムベトナム空軍ベトナムエアサービスが1機運用。
モンゴルの旗 モンゴルモンゴル空軍MIATモンゴル航空が1機運用。
ルーマニアの旗 ルーマニアルーマニア空軍が1976年に1機目を受領している[10]。合計3機、現存1機[11]

軍用機以外の出典は、Flight International, 3–9 October 2006による。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e An-30, An-32, & An-140Greg Goebel / In The Public Domain
  2. ^ Yefim Gordon, Dmitriy Komissarov and Sergey Komissarov (2003) Antonov's Turboprop Twins. Hinckley, UK: Midland Publishing. ISBN 1-85780-153-9, p. 73.
  3. ^ a b c d airforce-technology.com
  4. ^ Yefim Gordon, Dmitriy Komissarov and Sergey Komissarov前掲書、p. 75.
  5. ^ M J H Taylor, ed (1999). Brassey's World Aircraft & Systems Directory 1999/2000 Edition. Brassey's. ISBN 1 85753 245 7. 
  6. ^ Aviation Safety Network
  7. ^ Aviation Safety Network
  8. ^ Aviation Safety Network
  9. ^ a b An-24/-26/-30 Turboprop Transport AircraftSinoDefence.com
  10. ^ ルーマニア空軍
  11. ^ Marnix Sap, Carlo Brummer: Fortele Aeriene Romane in: Lotnictwo Nr. 4/2010, p.39 (ポーランド語)

外部リンク[編集]