Il-14 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Il-14M

Il-14(イリューシン14;ロシア語:Ил-14イール・チトィーリナツァチ)は、ソ連イリューシン設計局が開発した旅客機および貨物輸送機北大西洋条約機構(NATO)の考案したNATOコードネームは「クレイト」であった。

概要[編集]

Il-14は、DC-3Li-2を置き換えるために第二次世界大戦後に開発されたIl-12を大型化した機体であった。

1,900馬力のシュヴェツォーフ設計局製ASh-82T-7空冷星型エンジン双発と新設計の翼を持っており、非常に洗練されていた。そのため1,000機以上が製造された。

ソ連を中心に使用され、またチェコスロバキア(アヴィアAv-14)と東ドイツ(Il-14P)でもライセンス生産された。機体が丈夫なため未舗装滑走路がある農村地域においても多用された。現在でもロシアで少数機が現役であるという。

Il-14

民間機オペレーター[編集]

ソ連、ブルガリア中国、チェコスロバキア、キューバ

軍用機オペレーター[編集]

アフガニスタンアルバニアアルジェリア、中国、キューバ、チェコスロバキア、東ドイツ、エジプトインドイラク北朝鮮ポーランド、ソ連、シリアユーゴスラビアミャンマー

派生型[編集]

  • IL-14P: 乗客数 28 名
  • IL-14M: 乗客数 36 名
  • IL-14G: 貨物型

スペック(Il-14M)[編集]

  • 全長: 22.31 m
  • 全幅: 31.7 m
  • 全高: 7.8 m
  • エンジン: シュヴェツォーフ ASh-82T 複列14気筒空冷星型エンジン(1,900 hp)×2
  • 最高時速: 430 km/h
  • 巡航速度: 345 km/h
  • 実用上昇限度: 6,500 m
  • 航続距離: 2,250 km
  • 自重: 18,500 kg
  • 積載量: 12,700 kg
  • 乗客: 36 名
  • 乗員: 5 名