Il-62 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イリューシン62

ロシア政府のIl-62MK

ロシア政府のIl-62MK

Il-62(イリューシン62;ロシア語:Ил-62イール・シスデシャット・ドヴァー)は、ソ連イリューシン設計局で開発されたソ連初の本格的な長距離用ジェット旅客機である。

概要[編集]

エンジン4基をまとめて後部に装備する独特な形態だが、これは産業スパイが入手したイギリスヴィッカース社製造のVC-10の情報に範を取ったことによる。またナローボディ機であるため、機内は中央の通路のみで、客席は3-3の横6列配置となっている。総生産数は210機以上で、VC-10を遙かに上回る数が製造された。

開発は1962年に始まり、初飛行は1963年1月に行われた[1]。しかし、量産移行までは手間取り、量産機の初飛行は1964年であった[1]。初の旅客運航は1967年3月10日、モスクワハバロフスク、モスクワ~ノヴォシビルスク間で開始された。当初はアエロフロートのみが使用していたが、1968年にはチェコスロバキア航空が運航を開始し、その後他の共産圏の航空会社も相次いで導入した。

しかし初期のIl-62は燃費が悪く、そのため新型エンジンを装備した機体が開発されることとなり、Il-62M1970年に登場した。より経済性の高いエンジン(D-30KUターボファンエンジン)に換装した[1]ことで燃費が改善され、西側の旅客機に勝る競争力を手に入れた。また機内の各装備も更新されている。1978年にはアビオニクスなどを改良したIl-62MKが開発されている[1]。製造は基本設計が古いにも関わらず1993年まで続けられた。

原因として後継機種として開発されたIl-86の航続距離が伸びず、結果として失敗に終わったことから、後継機のIl-96が運用開始となるまで仕方なく設計の古いIl-62を使用し続けたことが挙げられる。その結果ナローボディで、西側のボーイング707などと開発年代が同じIl-62が現代まで生き残るという現象が生じている。

現在では初期型のIl-62はほぼ全機引退し、活躍しているのはIl-62Mやそれを改良し西側機のコンセプトが取り入れられたIl-62MKなどである。しかし一時期共産圏の長距離旅客機といえばこれを指すほどよく使われ、共産圏の要人輸送機としても使われた。

現在Il-62を使用しているのはロシアなど独立国家共同体諸国の各航空会社、朝鮮民主主義人民共和国高麗航空キューバクバーナ航空イランの航空会社などであるが、騒音基準などの関係から基準の厳しい国への乗り入れが困難[2]となってきており、徐々に数を減らしてきている。

要目[編集]

Il-62[編集]

Il-62 プロトタイプ[編集]

クズネツォーフ設計局製 NK-8ターボファンエンジンの開発が間に合わなかったことから、Su-7Su-9のような軍用機に使用されていたサトゥールン科学製造合同製のターボジェットエンジンAL-7(推力:7,500 kg) 4 基が装備されていた。最大離陸重量、巡航速度、航続距離は不明。他のデータはIl-62に同じ。

Il-62M[編集]

Il-62M 高麗航空の機体 北京首都国際空港にて

(Il-62M-200と呼称される場合もある)

  • エンジン: ソロヴィヨーフ設計局
    D-30KU ターボファンエンジン×4
  • 推力: 11,000 kg
  • 座席数: 174-198
  • 最大離陸重量: 165,500 kg
  • 航続距離: 10,000 km (全負荷で7,800 km)

その他のデータはIl-62に同じ。また貨物搭載装置、自動操縦装置などが近代化・アップグレードされている。

Il-62MK[編集]

構造、着陸装置を強化したタイプ。内装も変更され、西側機のコンセプトが取り入れられている。また航行機器もアップグレードされ、慣性航法装置が導入された。

主なカスタマー[編集]

登場作品[編集]

小説[編集]

見知らぬ明日
山崎がソ連への出張にアエロフロートのIl-62Mに搭乗したが、中ソ国境近くで「何か」に撃墜されて不時着する。

ゲーム[編集]

エアーマネジメントII 航空王をめざせ
ソ連製の機体として、IL62・IL62M・IL62MKの3機種が登場。
ぼくは航空管制官2
「成田StarLightAirways」に登場。
マーセナリーズ
ピョンヤン空港に高麗航空のIl-62が駐機している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 世界航空機年鑑2007-2008 酣燈社 2007年 P203 ISBN 978-4873572703
  2. ^ “金正恩が誇る専用機、海外では安全性の問題で運航禁止された老朽機種”. 中央日報社. (2014年5月13日). http://japanese.joins.com/article/239/185239.html 2014年5月17日閲覧。 

関連項目[編集]