Tu-4 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ツポレフ Tu-4

モニノ空軍博物館に展示されているTu-4

モニノ空軍博物館に展示されているTu-4

Tu-4(ツポレフ4;ロシア語:Ту-4トゥー・チトィーリェ)はソ連の航空機設計機関であったツポレフ設計局が、当時の指導者ヨシフ・スターリンの指示により開発したレシプロ4発爆撃機である。第二次世界大戦中にアメリカで生産された爆撃機B-29リバースエンジニアリング(解体調査)によりほぼコピーした機体。

NATOコードネームはブル(Bull)であり、1940年代後半から1960年代中ごろまでソ連の戦略爆撃機として使用された。

開発経緯[編集]

スターリンは第二次世界大戦中にアメリカに対しレンドリース法によりB-29を供与するように要求したが、アメリカは重爆撃機をソ連に渡したくなかったため、拒絶されていた。そうした最中の1944年7月、8月及び11月に日本九州及び満州国を爆撃した3機のB-29が機体の故障などによりソ連領内である沿海州に不時着した。搭乗員は抑留された後にアメリカに送還されたが機体はそのまま没収され、スターリンの命令によりリバースエンジニアリングされた。そしてアンドレイ・ニコラエヴィッチ・ツポレフらにより解体した部品に基づく設計が行われ、1946年夏に完成したのがTu-4である。ヴィクトル・スヴォーロフは著書『ソ連軍の素顔』の中でTu-4開発時のエピソードに触れ、当時のソ連が入手したB-29のコピーに努めるあまり、B-29に誤って開けられていたドリル穴までそのままコピーしたとしている。その前に出撃した際に被弾した穴とそれを塞ぐパッチまで、正確にコピーしたとも言われるが、真偽は定かではない。

ただし実際にはTu-4とB-29にはいくつかの違いも認められる。まず、ターボチャージャーはコピーであったものの、エンジンはB-29に搭載されたR-3350のコピーではなく、ソ連製エンジンM-25R-1820ライセンス生産)の流れを汲むASh-73TKであった。また、性能面では航続距離に大きな差がある。これはB-29の調査の際にインテグラルタンクのコピーに失敗したためとされている。前後通路や機銃塔火器管制装置もコピー出来なかったとされる。一番大きな問題は、当時のアメリカはヤード・ポンド法を用いていたのに対し、ソ連はメートル法を用いていたため、図面を再現するにあたって誤差が生じ、自重で500kgほど重くなってしまった。

運用・評価[編集]

1947年5月19日に初飛行し、8月3日にはモスクワで行われた航空記念日パレードで初めて披露されたTu-4はその後もエンジンやプロペラなどの改良が行われ、1949年半ばにはソ連戦略爆撃軍で本格的に運用された。後継機が登場する1950年代の終わりまで製造された。

一方、アメリカ空軍は片道飛行の「特攻」であればTu-4にアメリカ本土への攻撃能力があることを理解してパニックに陥り、レーダー地対空ミサイルなどの防空設備の開発を急ぐこととなった。まさに日本の広島長崎に対し行った都市への核兵器による攻撃を自分たちの兵器のデッドコピーにより受けるのではないかという恐怖であった。

なお、アメリカ人はB-29のあからさまなコピーなのをみてTu-4を「ボーイングスキー」と呼んだという。これは、「ロシア人には〜スキーという姓が多い」というステレオタイプに基づいた命名で、同様のものにR-77ミサイルに対してつけられた「アムラームスキー」や、Tu-144超音速旅客機に対して付けられた「コンコルドスキー」というものもある。ちなみに、ロシア語で“スキー”を名詞に付けると「〜の」という意味の形容詞となる(例えば「ボーイングスキー」は「ボーイングの」という意味)。

Tu-4は、後継機であるTu-95などが実戦配備されたため早々に退役した。その内数機は博物館に展示されている。また、多くの機体は開発・研究用の機体として活用された。

中華人民共和国人民解放軍空軍にも引き渡されており、その後、エンジンをASh-73TKレシプロエンジンからWJ-6(en)ターボプロップエンジン(4,250 shp)に変更した。現在では北京にある中国空軍航空博物館に2機のTu-4が展示されている。そのうち1機は早期警戒機仕様で1988年に退役した機体である。中華人民共和国では現在でも複数の機体が戦略爆撃機として実戦配備されているといわれているが、この確証はなく、Tu-16など後継の爆撃機が多数配備されていることに鑑みて敢えてTu-4を配備しておく理由は見当たらない。

派生型・発展型[編集]

スペック[編集]

諸元

  • 乗員: 7
  • 全長: 30.18 m (99 ft)
  • 全高: 8.46 m (27 ft)
  • 翼幅: 43.05 m(141 ft)
  • 翼面積: 161.7 m2 (1,743 ft2
  • 空虚重量: 35,270 kg (77,594 lb)
  • 運用時重量: 46,700 kg (102,950 lb)
  • 最大離陸重量: 54,500kg (後期型は66,000kg)
  • 動力: シュベツォフ ASh-73TK 空冷星型18気筒 レシプロ、1,790 kW (2,400 hp) × 4

性能

  • 最大速度: 558 km/h (315 kt, 349 mph) @高度 10,250 m (33,600 ft)
  • 航続距離: 6,200 km (3,875 マイル) (爆弾1.5tで3,000km、後期型は爆弾2tで5,100km)
  • 実用上昇限度: 11,200 m (36,700 ft)

武装

  • 固定武装: 12.7mm機銃10挺(後期型は20mm機関砲10挺)
  • 爆弾: 6,000kg(最大8,000kg)、1,000kg爆弾6発または原子爆弾1発
お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

関連項目[編集]