RDS-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯50度26分15秒 東経77度48分51秒 / 北緯50.43750度 東経77.81417度 / 50.43750; 77.81417 RDS-1ロシア:РДС-1(エル・デー・エス)-1)とは、1949年8月29日午前7時(現地時間)にソ連で行なわれた初の核実験である。

概要[編集]

この実験は現在のカザフスタンにあるセミパラチンスク核実験場で行なわれ、10ヶ月の準備期間の上で37メートルの鉄塔に仕掛けて爆発させた。9月23日、アメリカのトルーマン大統領により核実験確認が公表され、翌日にはソ連もこれを認めた。映像など実験の詳細が明らかになったのは冷戦終結後である。

この実験は爆縮型プルトニウム原子爆弾の爆発実験で、トリニティ実験で使われたガジェット長崎市に投下されたファットマンと同型である(爆縮レンズの情報は、スパイおよびマンハッタン計画に参加した学者たちから提供された)。ファットマンとは、その形状まで酷似していた。これはアメリカの3人の爆縮レンズ研究者によって情報が漏れ出しており、スパイ活動に関与した、当時18歳だったテッド・ホールは後に、アメリカが独占することに危機感を覚え、各国が共有することで平和が保たれると判断したからだと語る。

この実験による核出力は22キロトンTNTの爆発と同規模だった。この実験の成功によってアメリカの核の独占は終わり、冷戦が本格化することとなった。

実験による放射能汚染[編集]

実験によって生じた死の灰は東北に流れ、実験場を越えてロシアアルタイ地方辺りまで汚染された。特に爆心地から東北へ100km離れたドロン(Dolon)という村の放射能汚染が一番酷く、実験当時の被爆量は一時間当たり28ミリグレイ、現在までの総被爆量は350ミリグレイと計算されている[1]。現在も周辺住民の多くが癌などで命を落としている。

なお、現在では爆心地には記念碑が建てられているが、セミパラチンスク実験場では放射能除去は行われていないため、みだりに近づくべきではない。

名称[編集]

名称は、実験後の開発責任者イーゴリ・クルチャトフの発言『わが国は自力で成し遂げた』(ロシア語: Родина делала сама)から取られた(一般には、『スターリンのロケットエンジン』(ロシア語: Реактивный двигатель Сталина)、または『特別なロケットエンジン』(ロシア語: Реактивный Двигатель Специальный)の略称だと信じられている)。この名称は、以後のソ連の核実験の名称となる。なお、アメリカ側の呼称はジョー1(Joe-1)だが、これはヨシフ・スターリンの愛称にちなむ。

関連項目[編集]

  • RDS-6…『初の』水爆実験とされたが、実際には強化型核分裂兵器であった。
  • RDS-37…正真正銘初の水爆実験。
  • RDS-220…史上最大の水爆実験。

脚注[編集]

  1. ^ これらの調査は広島大学原爆放射能医科学研究所の星正治教授らにより行われており、2009年8月6日放送のNHKスペシャル「核は大地に刻まれていた~“死の灰”消えぬ脅威~」で取り上げられた

外部リンク[編集]