プレグナントグッピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プレグナント グッピー

重貨物機 Pregnant Guppy

重貨物機 Pregnant Guppy

プレグナントグッピー身篭ったグッピーの意)、とは特大サイズの貨物を運ぶために作られた広胴型巨大貨物輸送機である。ボーイング377旅客機及びその原型であるC-97 ストラトフレイター輸送機から改造されたもので、アポロ計画のためのロケット部品を空輸するのに使われた。プレグナントグッピーは、エアロスペースラインズ社enが作った一連のグッピー型飛行機で最初に作られた機種である。また、そのデザインはA300-600ST747-400LCF型に影響を与えた。

運用[編集]

本機はアポロ計画の初期においてサターンロケットの輸送に活躍したが、貨物室容積はともかく搭載できる最大重量はこれでも不足しているとされ、NASAはこの機体だけではアポロ計画全体が遅延するとしてより最大搭載重量の大きな機体を求めた。そのため、機体を延長してエンジンをレシプロからターボプロップに換装した性能強化形が作られる事になり、それを受けて開発されたスーパーグッピーの導入以後は補助的な輸送業務を主としたものの、スーパーグッピーと共にアポロ計画を支えた存在となった。アポロ計画の終結後、NASAは航空輸送部門を縮小したため、それに伴って本機は民間に売却された。

性能[編集]

全長 38.71m
全幅 43.05m
全高 11.66m
翼面積 164.35m²
空虚重量 91,000 lb (41.275 t)
全備重量 141,000 lb (63.945 t)
最大離陸重量 141,000 lb (63.945 t)
翼面荷重@全備重量状態 194kg/m²
発動機 プラット&ホイットニー社 R-4360-59 ワスプメジャー(3,500馬力)4基
最大速度 515km/h
乗員 3名

関連項目[編集]