プラット・アンド・ホイットニー R-4360

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プラット・アンド・ホイットニー R-4360
ワスプ・メジャー (カットモデル)
プラット・アンド・ホイットニー R-4360
ワスプ・メジャー

プラット・アンド・ホイットニー R-4360 ワスプ・メジャー (Pratt & Whitney R-4360 Wasp Major) は、第二次世界大戦の間に設計・製造された、航空機用空冷星型レシプロエンジンである。

概要[編集]

ワスプ・メジャーはプラット・アンド・ホイットニー社のワスプシリーズの最終機種であり、同社のピストンエンジン技術の最高峰であった。しかし、このエンジンを積んだ飛行機が実戦に投入される前に、戦争は終わっていた。とはいえ、最後の世代となる大型レシプロエンジン機の動力源となったことは事実である。その後はジェットエンジンターボプロップエンジンがレシプロエンジンに取って代わることとなった。

ワスプ・メジャーは、星型の7気筒エンジンを4基直列につなぎ合わせた、四重星型28気筒エンジンであり、写真からもわかるように、シリンダーの角度を各列で少しずつずらし、緩やかな螺旋を描くようになっており、後列の冷却(空冷)の助けとしている。

プロペラブレードの先端が非効率的な超音速に達しないように、ギア比は 0.375:1 に設定された。一方、スーパーチャージャーのギア比は 6.374:1 に設定され、これにより過給が行われた。

飛行中の信頼性は高いものの、整備が大変なエンジンでもあった。始動方法を誤ると56個全ての点火プラグが汚れて(「かぶって」)しまい、こうなると清掃または交換にかなりの時間を要することとなった。同じ時代のほとんどの航空用ピストンエンジンと同じように、ワスプ・メジャーが商用として利用されるときのオーバーホール間隔 (TBO) は、およそ600時間であった。

排気量は4,362.50 in3 (71.5 L) であり、これがモデル番号となった。最初のモデルは3,000hp(2240kW) を達成したが、最終的なモデルはスーパーチャージャーに加えて 2台の大きなターボチャージャー(排気タービン)を搭載し、4,300 hp (3200 kW) を達成した。重量は 3,482 から 3,870 lb (1,579 から 1,755 kg) とかなり重かったが、1.11 hp/lb (1.83 kW/kg) のパワーウェイトレシオを実現しており、これに匹敵するレシプロエンジンは少ない。

ワスプ・メジャーは1944年から1955年の間に、18,697台が製造された。

派生型の R-2180 は、R-4360 を半分に切ったものである。7本ずつのシリンダーを2列搭載し、第二次世界大戦後の旅客機であるサーブ 90 スカンディアに搭載された。

搭載航空機[編集]

プラット・アンド・ホイットニー R-4360 は、ボーイング B-29 スーパーフォートレス の新しい動力を目指していた。しかし、ワスプ・メジャーを搭載したスーパーフォートレスは、結局 B-50 と呼ばれることとなった。ワスプ・メジャーはコンベア B-36 や他の多くの航空機に搭載された。

フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

主要諸元 (R-4360-51VDT)[編集]

関連項目[編集]

関連製品[編集]

  • プラット・アンド・ホイットニー ワスプ・シリーズ
    • R-1340 ワスプ
    • R-985 ワスプ・ジュニア
    • R-1830 ツイン・ワスプ
    • R-1535 ツイン・ワスプ・ジュニア
    • R-2800 ダブル・ワスプ

競合エンジン[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]