スーパーグッピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スーパーグッピー(Aero Spacelines Super Guppy、B-377SG)とは大型ロケットエンジンや旅客機の主翼や胴体などのように特大サイズの貨物を空輸するために製造された広胴貨物輸送機である。そのため製造当時は世界最大の容積を持つ飛行機であった。航空評論家の佐貫亦男は本機の外観を「世界でもっとも醜い極限を示した航空機[1]」と表現している。

概要[編集]

NASAのスーパーグッピー
貨物室を開口したスーパーグッピー
スーパーグッピーの三面図

本機種はボーイング377の軍用タイプであるストラトクルーザー系のC-97J輸送機をベースにエアロスペース社において改造したものである。これ以前に、同様の貨物室拡大の改装を受けたプレグナントグッピー(妊娠したグッピー)があり、この機体よりも大きいという意味でスーパーグッピーと命名された。主翼と機首周りはC-97Jのままであったが、垂直尾翼は増積されエンジンはターボプロップに交換されている。貨物室の拡大にあたって胴体部は新造された。5機が製造され、1機はP&W T-34-P-7エンジン搭載のSG型、4機はAllison 501-D22Cエンジン搭載のSGT型である。

1960年代にアポロ計画サターンロケットを空輸するために改造されたものであり、活躍していた。また、スーパーグッピー4機が1970年代から、ヨーロッパエアバスインダストリー(エアバス)で、欧州各地に分散する生産拠点から、胴体や翼などの大型品を最終組立工場まで輸送するために運用されていた。そのためライバルメーカーであるボーイング社がエアバスの生産のために手助けしていたことになり、「全てのエアバス機はボーイングの翼によって届けられた」と揶揄された。この状態はエアバスが自社製造のエアバス ベルーガ輸送機を導入したことによって解消された。

元のボーイング377として製造されてから半世紀以上が経過しているが、現在でもNASAで1機が運用されている。またエアバスの2機も含め、4機が保存されているという。

仕様[編集]

  • 全幅: 47.625 m (156 ft 3 in)
  • 全長: 43.84 m (143 ft 10 in)
  • 高さ: 14.148 m (46 ft 5 in)
  • 貨物室: 33.8 m x 7.62 m x 7.62 m(111 ft x 25 ft x 25 ft)
  • エンジン: Allison 501-D22C ターボプロップ4発、4680 hp
  • 操縦乗員: 4

要目[編集]

  • 巡航速度: 252 knots (466.7 km/h)
  • 実用上昇限度: 32,000 フィート (9,753.6 m)
  • 最大航続距離: 3218.7 km
  • 機体重量: 46.040 t (101,500 lb)
  • 最大積載重量: 24.721 t (54,500 lb)
  • 最大離陸重量: 77.111 t (170,000 lb)

脚注[編集]

  1. ^ *朝日新聞社編『世界の翼’72』1971年146頁

外部リンク[編集]