ライト R-1820

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライト R-1820 サイクロン 9

ライト R-1820 サイクロン 9(Wright R-1820 Cyclone 9)は、アメリカカーチス・ライトによって開発・製造された航空機空冷星型エンジン。ベースモデルは、1925年に製作されたライト P-21931年-1950年代まで長期に渡り生産が続けられ、アメリカの航空機に広く用いられた。この単列9気筒エンジンを複列14気筒化したライト R-2600 サイクロン 14や、複列18気筒化したライト R-3350 サイクロン 18がある。

また、ソビエト連邦にライセンス供与されシュベツォフ M-25として製造され、ソ連内での改良により改良版のASh-62や同様に複列14気筒化版のASh-82、複列18気筒化版のASh-73、さらに、ライトでは設計されなかった単列7気筒化版のASh-21が製造されるなど、ソ連のエンジン開発の土台にもなった。結果として、R-1820の設計は第二次世界大戦前から冷戦初期のエンジンの礎として大きく関わることとなった。

主要諸元[編集]

R-1820-56[編集]

  • 1,200HP/回転数不明(高度1,520m)
  • 900HP/回転数不明(高度5,650m)

R-1820-C9HC[編集]

  • 高度馬力
  • 1,300HP/2,600RPM(高度1,220m)
  • 1,000HP/2,600RPM(高度5,330m)

主な搭載機[編集]