光 (エンジン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(ひかり)は、第二次世界大戦前に中島飛行機が開発・製造した航空機用空冷星型エンジンでバルブ駆動方式はOHV海軍として、陸軍にはハ8として採用され、陸軍機にも搭載されている。社内呼称はNAP。

概要[編集]

陸軍の指示により1931年昭和6年)に開発を開始。ライト R-1820 サイクロンEの機構を参考にした発動機1934年(昭和9年)ハ8として制式採用になった。更にその海軍型が製作され、最大出力が730馬力から770馬力に向上しており光発動機と命名され試作機に搭載された。陸軍での呼称はハ8I。この発動機ライト社の了解無しにサイクロンをお手本にしており、完全に複製したわけではないが厳密に言うとライト社の権利を侵害した部分もある為、NAP系列の量産が明確になった1934年9月に陸軍の指示により中島はライト社からサイクロンFの製造権を購入している。生産数は光が約20台、ハ8、ハ8I合計730台である。

続いて1934年1月にライト R-1820 サイクロンFの機構を殆どそのまま取り入れた発動機の開発を開始し、翌年4月に一号機が完成した。1936年(昭和11年)1月15日に海軍に光発動機一型(直結型)、光発動機二型(減速式)として制式採用となり、翌年10月光発動機三型が制式採用になった。陸軍ではハ8IIとして制式採用となっている。生産数は光一型、二型、三型合わせて約1200台、ハ8IIが約200台である。

パテント問題[編集]

陸軍の懸念は的中し1937年(昭和12年)にNAP系列の発動機を装備した神風号が訪欧飛行に成功した直後、神風号の発動機に関する情報を入手したライト社が、製造権購入前にライト社の発動機を模倣していたとして、製造権購入契約に基づいて同社に派遣されていた中島の技師の工場内立入りを禁止する事態になっている。中島側が神風号の発動機とライト サイクロンとの相違点を説明して何とか解決した。幸いにして大きな国際問題とはならなかったが、後発国が取った苦肉の策とは言えど誉められたものではない。

主要諸元[編集]

光一型[編集]

  • タイプ:空冷星型9気筒
  • 筒径×行程:160mm×180mm
  • 排気量:32.6L
  • 全長:1,245mm
  • 外径:1,375mm
  • 乾燥重量:542 kg
  • 燃料:気化器
  • 過給機:遠心式1段1速過給機
  • 離昇馬力 
    • 730HP
  • 公称馬力 
    • 600HP

光二型[編集]

  • タイプ:空冷星型9気筒
  • 筒径×行程:160mm×180mm
  • 排気量:32.6L
  • 全長:1,366mm
  • 外径:1,375mm
  • 乾燥重量:472.8 kg
  • 燃料:気化器式
  • 過給機:遠心式1段1速過給機
  • 離昇馬力 
    • 840HP
  • 公称馬力 
    • 700HP

光三型[編集]

  • タイプ:空冷星型9気筒
  • 筒径×行程:160mm×180mm
  • 排気量:32.6L
  • 全長:1,425mm
  • 外径:1,375mm
  • 乾燥重量:487.6 kg
  • 燃料:気化器式
  • 過給機:遠心式1段1速過給機
  • 離昇馬力 
    • 770HP
  • 公称馬力 
    • 710HP

主な搭載機[編集]