プラット・アンド・ホイットニー X-1800

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プラット・アンド・ホイットニー X-1800 あるいは XH-2240 は、第二次世界大戦中にアメリカプラット・アンド・ホイットニーが試作した航空機用ピストンエンジンである。型式は液冷H型24気筒で、排気量は42.57L(2597.7立方インチ)、高高度出力を補う、ターボチャージャーを搭載し、1,800馬力から2,200馬力の出力が見込まれていた。完成時期は1942年の予定だった。

XP-49XP-54XP-55XP-56 といった新型戦闘機の動力に選ばれるなど、大馬力の液冷エンジンとして期待されていたが、試作エンジンの出力は予定を割り込み、またプラット・アンド・ホイットニー社としても空冷星型エンジンに開発リソースを集中させる方針に転換したため、1940年10月に開発は打ち切りとなった。結局完成した X-1800 は試作機1基だけだった。

X-1800 の発展型として、気筒を拡大し排気量を61Lとした H-3130 も企画されていたが、こちらもキャンセルされている。

主要諸元[編集]

X-1800(計画)

  • タイプ:液冷H型24気筒
  • ボア×ストローク:133.35mm × 127.0mm(5.25in × 5.0in)
  • 排気量:42.57L(2597.7in3
  • 過給器:ターボ式過給器
  • 出力:1800 - 2000hp

関連項目[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

文献[編集]

  • Gunston, Bill. World Encyclopedia of Aero Engines. Cambridge, England. Patrick Stephens Limited, 1989. ISBN 1-85260-163-9
  • Gunston, Bill (2006). World Encyclopedia of Aero Engines, 5th Edition. Phoenix Mill, Gloucestershire, England, UK: Sutton Publishing Limited. ISBN 0-7509-4479-X.