F2A (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブリュースター F2A バッファロー

F2A-2

F2A-2

ブリュースター F2A(Brewster F2A)はアメリカ海軍艦上戦闘機。開発はブリュースター社が担当した。イギリス空軍での愛称はバッファロー(Buffalo)。

概要[編集]

本機の三面図
離陸直後に車輪を格納するアメリカ海軍航空隊「VF-2」所属のF2A-2

アメリカ海軍の艦上戦闘機の近代化のための1936年の要求は単葉機であること、折りたたみ翼、引き込み脚、密閉式コクピットをもつことであった。ブリュースターもグラマン社、セバスキーとともに競争試作に参加した。なお、このときグラマン社が提出したものは、後に改良されF4F ワイルドキャットとなっている。

ブリュースターの XF2A-1試作機は1937年12月に初飛行した。1938年1月から評価が始まり、6月に海軍は66機の初期生産型F2A-1の発注を行った。引渡しは1939年に始まったが55機しか納入されず、サラトガのVF-3戦隊に10機が配備され、44機はB-239としてフィンランドに供与された。

エンジンの出力向上などの改良を加えたF2A-2は、43機が発注され1940年9月から引渡された。次に防弾装備を強化したF2A-3が、108機発注され1941年7月から引渡された。

F2Aはすでに枢軸国軍の戦闘機(ただしイタリア及び日本機には対抗できると考えていたようである)に対して性能が劣ることは明白であったが、イギリスベルギーオランダ(主に蘭印東インドで使用)は陸上型のF2Aを数100機も購入し、イギリス空軍では「バッファロー」と命名された。ただしベルギーは発注し受領する前にドイツの進攻にあったため、すべての機体がイギリス領クレタ島にまわされ枢軸国軍機と戦闘を行っている。ドイツ空軍メッサーシュミットBf109に対抗できないと判断された当機は、地中海方面及び極東シンガポールマレーシアに配備された。当時イギリスを含めた連合国は、人種差別的な観点から日本軍機の性能を「イタリア空軍機と同程度」と考えており、当機でも十分戦えると判断されたようである[要出典]

しかしながらマレー半島などに配備された当機は零戦と戦闘を行い、そのほとんどが撃墜、あるいは地上撃破されることとなる。さらにマレー半島シンガポール方面でイギリス極東空軍のB-339Eが、蘭印方面でオランダ領東インド陸軍航空隊のB-339Dが完全な状態のまま数機が鹵獲され、性能テストのために日本本土に送られ後に、明野陸軍飛行学校に配属されていた機体は、国策映画『加藤隼戦闘隊』及び『愛機南へ飛ぶ』に敵機役として出演している。さらに、昭和17年7月4日から5日間にわたりP-40E ウォーホークB-17D フライングフォートレスハリケーン等とともに羽田飛行場で戦意高揚のため一般展覧が行われた。また、昭和18年宇都宮陸軍飛行学校校長に就任した加藤敏雄少将は、本機を自ら操縦し自家用機として使用した。[1]

その後、太平洋方面においては、海兵隊航空団VMF-221所属のF2A-3が19機ミッドウェー海戦に参加したが、零戦との戦闘の結果、13機を喪失する敗北を喫し、これを最後に運用されなくなった。

フィンランド空軍で使用されたバッファロー「BW-372」号機

このように太平洋方面では、日本軍機との圧倒的な性能差により活躍の機会には恵まれなかった当機ではあったが、アメリカはフィンランドに44機を供与している。この際、フィンランドがソ連との冬戦争中のため、交戦国に軍事物資の輸出を禁止する法律により、アメリカ海軍制式装備が撤去され、照準機、エンジン、計器などスペックダウンしたタイプが提供された。

しかし、フィアットG.50モラーヌ・ソルニエMS406カーチス・ホーク75ホーカー ハリケーンⅠ、果ては鹵獲したポリカルポフI-16I-153等雑多な戦闘機で構成されていたフィンランド空軍にあって、それらの性能を凌駕する本機B-239は「ブルーステル」の愛称で呼ばれ、BW-351から394の登録番号を与えられた。冬戦争フォッカー D.XXIを装備し大きな戦果を挙げた第24戦闘機隊[2]に配属されたB-239は継続戦争序盤から奮戦、21機の喪失(事故を含む)に対しソ連軍機を456機撃墜する約21対1の圧倒的な勝率により、35人[3]ものエースパイロットを生み出し「タイバーン・ヘルミ(taivaan helmi、「空の真珠」の意)」と賞賛された。なお現在、携帯電話機で有名な「ノキア社」はBW-355機の購入に際し十分な資金を拠出した。その代り機体には「NOKA」の銘が記入された。[4]

この頃、フィンランド軍がいかに本機を大切にしていたかのエピソードとして1942年6月下旬、越境出撃したランペルト中尉のBW-365は空戦の結果ソ連側へ不時着、これを知った陸軍はただちに出撃、不時着した機体にたどり着くと、これを回収し引き揚げた。後日談として修理成ったBW-365は「ついてないカタヤイネン」ことニルス・カタヤイネン少尉によって試験飛行を行ったが離陸直後激しい振動が発生、急遽着陸した際、転覆したが少尉に怪我はなかった。[5]

なお、B-239のトップエースは総撃墜機数75機(フィンランド空軍第2位)のうち39機を撃墜したハンス・ウィンド大尉。また、最高の撃墜記録を誇るB-239はBW-393で41機のソ連機を撃墜したが、1944年7月2日、格納庫に入っているところを爆撃にあいウィンド大尉の撃墜マークを描いた垂直尾翼を残し焼失した。

本機の性能に惚れ込んだ空軍当局は、タンペレ国営航空機工場で主翼を木製化した海賊版VL フム」を開発した。初飛行は1944年8月8日で、当初90機発注されたが後にキャンセルされた[6]蛇足ながらこのフムは鹵獲したソ連製M63空冷星形9気筒1100馬力エンジンをつけていた。すでにM63は純正ライトサイクロンエンジンが損傷、枯渇したためBW-365.374.379.392に装着した実績があった。

1943年3月にメッサーシュミットMe109Gが導入されるとさすがに第2線機扱いとされ第26戦隊へと配備替えとなったが、ソ連軍の大攻勢に対抗し、カレリア地峡で奮戦、7機の損害で17機を撃墜した。本機の最後の戦闘はラップランド戦争でかつての友軍のドイツ軍と交戦、Ju 87を撃墜するも、またドイツ軍対空砲火により撃墜される悲哀を味わうこととなる。[7]敗れはしたもののフィンランドの占領を妨げた最後のバッファローが退役したのは1950年代前半であった。

ロング・アイランドに不時着したF2A-3

一説では「日本軍機と交戦した米英の機体は、航空母艦上での運用のための様々な装備が付いており、鈍重なため惨敗したが、こちらの供与機体はそれらの装備が省かれているため軽く、このような良好な性能を発揮出来た」とも云われている。しかし、フィンランド空軍型が馬力の低いエンジンを搭載していたことを考えると、疑問が残る説である。

主な型式[編集]

XF2A-1
原型機。エンジンはライトR-1820-22(950馬力)。
F2A-1
初期生産型。エンジンはライトR-1820-34(940馬力)、11機生産。
F2A-2
エンジンは出力を強化したR-1820-40(1,200馬力)に変更、43機生産。
F2A-3
防弾装備を強化したが、重量増加のため運動性は低下した。108機生産。
B-239
フィンランド空軍が使用した輸出型。44機。スペックはF2A-1準ずるが、アメリカ海軍制式装備の輸出が認められなかったため、エンジンはR-1820-G5(950馬力)、 照準器はドイツのレフィ社製、計器はオランダのフォッカー社製に変更された。機銃は機首にコルトM40 7.62mm機関銃とコルトM53 12.7mm機関銃、主翼にコルトM53 12.7mm機関銃の計4挺だったが、機首のM40は後にM53に変更された。
B-339
ベルギーが40機発注した輸出型。ただし受領する前にドイツに占領されたため、イギリス空軍に回された。
B-339C
オランダ領東インド陸軍航空隊が使用した輸出型。24機。エンジンはR-1820-G105(1,000馬力) 。
B-339D
オランダ領東インド陸軍航空隊が使用した輸出型。48機。エンジンはR-1820-40に変更。
B-339E
イギリス空軍が使用した輸出型。170機。エンジンはR-1820-G-105。
B-439(B-339-23)
オランダ領東インド陸軍航空隊が使用した輸出型。20機。エンジンはR-1820-G205A(1,200馬力)に変更 。

スペック(F2A-2)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本軍鹵獲機秘録』 押尾一彦、野原茂共著(光人社、2002年)参照
  2. ^ 機首に白地に黒の山猫のマークがペイントされている。
  3. ^ オスプレイ・軍用機・シリーズ4 『第二次大戦のフィンランド空軍エース』 カリ・ステンマン、カレヴィ・ケスキネン共著 梅本弘訳 (大日本絵画 2000年)参照
  4. ^ オスプレイ・軍用機・シリーズ49 『フィンランド空軍第24戦隊』 カリ・ステンマン、カレヴィ・ケスキネン共著 齋木伸生訳 (大日本絵画 2005年)参照
  5. ^ 中山雅洋『北欧空戦史』(学研M文庫、2007年) ISBN 978-4-05-901208-5参照
  6. ^ 2004年現在ユヴァスキュラ中央フィンランド航空博物館に展示されている)
  7. ^ ミリタリー選書23 『フィンランド軍入門』 齋木伸生著 (イカロス出版 2007年)参照

参考文献[編集]

関連項目[編集]