プラット・アンド・ホイットニー R-1690

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
R-1690 「ホーネット」

プラット&ホイットニー R-1690 ホーネット(英語:Pratt & Whitney R-1690 Hornet )はアメリカプラット・アンド・ホイットニーが開発し1926年から1942年の間に2944基が生産された航空機用エンジンである。9気筒の空冷星型エンジンで、排気量は27.7L(1690立方インチ)だった。

このエンジンをライセンス生産したものとして、イタリアフィアット A.59 がある。また、ドイツでも BMW ホーネットの名でライセンス生産が行われ、のちに独自の改良を加えた BMW 132 に発展した。日本では明星として三菱がライセンス生産し、後の金星に影響を与えた。

主要諸元[編集]

R-1690 SIE-G[編集]

搭載機[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ドイツの旗 ドイツ

脚注[編集]

  1. ^ Tsygulev (1939). Aviacionnye motory voennykh vozdushnykh sil inostrannykh gosudarstv (ロシア語: Авиационные моторы военных воздушных сил иностранных государств). モスクワ: Gosudarstvennoe voennoe izdatelstvo Narkomata Oborony Soyuza SSR. http://base13.glasnet.ru/text/aviamotory/t.htm. 

関連項目[編集]