プラット・アンド・ホイットニー・カナダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プラット & ホイットニー カナダ
企業形態 UTCの一部門、プラット・アンド・ホイットニー子会社。
業種 航空宇宙
設立 1928年
本部 カナダケベック州ロンゲール
製品 航空機用エンジン
ウェブサイト P&W Canada


プラット・アンド・ホイットニー・カナダ:Pratt & Whitney Canada:PWC、以下本項ではPWCと呼称)は、カナダにある航空機エンジンメーカーである。アメリカの航空機用エンジンメーカーであるプラット・アンド・ホイットニーの子会社で、本体であるユナイテッド・テクノロジーズの一部門。P&W本社が大型機のエンジンなどの製造にも関っているのに対し、PWCは小型機・ヘリコプターや、補助動力装置専門のエンジンメーカーである。また、開発・販売マーケティングに至っても独立した形態を取っている。現在の従業員数は9200名、そのうち6200名がカナダで勤務している。

歴史[編集]

1928年、親会社であるプラット&ホイットニー社のエンジンを整備する為のカナダ現地子会社「Canadian Pratt & Whitney Aircraft Company, Ltd」として設立されたのが始まりである。第二次世界大戦時には、プラット・アンド・ホイットニー R-1340を初めとするワスプシリーズの製造に力を入れ、1950年代後半には、ダグラスDC-3などに採用された同社初の製品であるPT6エンジン(小型タービンエンジン)を開発、販売している。

1962年に社名をUnited Aircraft of Canadaと改称するが、1975年に現社名となる。

現在では小型ビジネス機ヘリコプター用のエンジンを製造するなどカナダ有数の企業となっており、カナダ国立研究機構(NRCC)とも密接に関っている。特にモントリオール・ミラベル国際空港には同社の研究・製造ラインが新設されており、全世界に30拠点以上の施設を抱える。

製造エンジン[編集]

関連項目[編集]

リンク[編集]