ゼネラル・エレクトリック T700

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パリ航空ショー2007で展示されたCT7/T700
T700-IHI-401C(IHIによるライセンス生産版)

ゼネラル・エレクトリック T700CT7General Electric T700 and CT7)は、軸出力が1,500から3,000馬力のクラスの、ターボシャフトおよびターボプロップエンジンのシリーズである。

開発[編集]

1967年にゼネラル・エレクトリックは、アメリカ陸軍の次世代の多目的ヘリコプターへの取り組みに対応して、"GE12"と呼ばれるデモンストレーション用の新しいターボシャフトエンジンの開発を開始した。アメリカ陸軍の取り組みは、1970年代にGE12の後継の量産機であるGE "T700" ターボシャフトエンジンを2機搭載した、シコルスキー S-70の開発に結びついた。

T700は1973年に最初のベンチテストを実施、1976年に軍の審査に合格し、1978年に生産を開始した。最初の"T700-GE-700"は、ギアを使用しないフリー(パワー)タービンを持ったターボシャフトエンジンである。5段軸流式と1段遠心式の複合圧縮機を持ち、一体の"ブリスク"型の軸流圧縮機が特徴である。最初の2段の固定ステージは可変である。燃焼を改善し排煙を低減するための、直噴式の環状燃焼室を備えている。2段の圧縮タービンと、先端が覆われた羽根を持つ2段のフリー(パワー)タービンを持っている。エンジンは高い信頼性を目的に設計されていて、流入した埃・砂・塵を分離してはじき出すことが特徴である。T700-GE-700の通常の軸出力は、1,210 kW (1,622 馬力)と評価されている。

T700-GE-700の後継として、UH-60 ブラックホークAH-64 アパッチだけでなく、ブラックホークの海軍向けの派生であるSH-60 シーホークSH-2G スーパーシースプライトAH-1W スーパーコブラ向けに、改善・更新された。なお、T700はイタリアアルファ・ロメオライセンス生産契約を結んでおり、ヨーロッパ向けのものは同社が製造する。実際にアルファロメオ製のT-700が民間向けのアグスタウェストランド AW101や、イタリア向けのNHI NH90で使われている。3エンジン機のEH101をのぞいて、これらは全て2エンジン機である。

T700の民間向けのバージョンである"CT7"が、ヒューイ(UH-1)の拡大版であるベル 214ST、ブラックホークの民間向けシコルスキー S-70、ブラックホークから派生したシコルスキー S-92に2機ずつ搭載されている。ターボプロップ版のCT7も存在する。

ターボプロップ版のCT7は、ターボシャフト版と本体部分は同一であるが、前方にプロペラギアボックスが取り付けられる。ターボプロップ版のCT7は、スウェーデン旅客機サーブ 340の派生機種、インドネシア・スパニッシュ・エアテックの貨物機のCASA CN-235チェコの旅客機のLet L-610に2機ずつ搭載されている。基準となるCT7-5Aは離陸時で1,294 kW (1,735馬力)の軸出力を実現した。

1980年代の後半に、GEはより大きなターボプロップのT407/GLC38を企画した。これは、5段の軸流式と1段の遠心式の複合コンプレッサ、15のバーナーによる環状燃焼室、2段の圧縮タービン、3段のパワータービンを持ち、離陸時で最大4,475kW (6,000馬力)の軸出力を実現した。

YT706はCT7-8Aエンジンに基づいている。[1] 現在UH-60 ブラックホークを動かしているT700と比較して、YT706はより大きな圧縮機を持ち、高温セクションが改善され、完全なデジタルエンジン制御となっている。YT706は現在のT700-701Cよりも出力が最大で30パーセント向上し、アメリカ陸軍が特殊任務のために製作したMH-60M ブラックホークの任務遂行能力の向上に寄与した。

搭載機[編集]

T700[編集]

CT7ターボシャフト[編集]

CT7ターボプロップ[編集]

主要諸元 (T700)[編集]

  • 形式:ターボシャフト
  • 全長:47in (T700-GE-700/701シリーズ) から 48.2in (T700/T6A)
  • 直径:25in / 26in (T700/T6E)
  • 重量:437lb (T700-GE-700) から 537lb (T700/T6E)
  • 圧縮機:5~6段の軸流圧縮式と1段の遠心圧縮式
  • 燃焼室:円環状燃焼室
  • 軸出力:1,622shp (T700-GE-700) から 2,380shp (T700/T6E)
  • 圧縮比:17:1
  • 燃費:0.433 (T700/T6E) から 0.465 (T700-GE-701A)
  • パワーウェイトレシオ:3.71shp/lb (T700-GE-700) から 4.48shp/lb (T700/T6A)

参照[編集]

  1. ^ GE YT706 Production Contract Awarded by US Army”. GE Aviation (2007年8月13日). 2007年8月16日閲覧。

外部リンク[編集]