ゼネラル・エレクトリック F414

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
F414

ゼネラル・エレクトリック F414 (General Electric F414) は、スタティクス・スラスト (85 kN) クラスのアフターバーナーターボファンエンジン。好評であったF404を基にGE・アビエーションで開発された。

概要[編集]

GEはA-12 アベンジャー II向けにF404を発展させたF412を開発していた。しかし、アベンジャー IIがキャンセルされると研究はF414の開発へと引き継がれた。F412のコアと全自動化デジタルエンジンコントロール (FADEC) 、ATFの試作競争で開発されたYF120の低圧圧縮システムが使用された。

2005年までに10パーセントの出力増加を目標にF414の設計は行われた。F/A-18E/F スーパーホーネットが長期に渡る寿命のなかで、新たな役割と刻々と変わる環境の変化に対応できるようにするためであった。最初のF414は従来のF/A-18 ホーネットに搭載されていたF404よりも35パーセント増しの出力を発揮できた。

F404よりさらに元を辿ると、YF-17に搭載予定であったゼネラル・エレクトリック YJ101エンジンに突き当たる。これは、コンティニュアス・ブリード式と呼ばれる新概念のエンジンで、ターボファンとターボジェットの中間的なものであり、バイパス比が0.2と非常に低い。これはYF-17の不採用により量産されなかったが、その基本設計を引き継いだ(高圧コア部分が共通)F404もバイパス比が0.34と比較的低く、F414についても非公開ながらバイパス比は低いと予想される。バイパス比が低いエンジンは、搭載する機体にスーパークルーズ能力を付与するのに必須の条件であり、事実、本エンジンを搭載するJAS39 グリペンDemoやJAS39E/F グリペンNGはスーパークルーズ能力を持っているとされる。

最終的には推力を130kNまで上げる予定であるとされている。

派生型及び搭載機[編集]

F414-400

基本型

F414-EPE

新型のエンジンコアやエンジンファン及びコンプレッサーを採用した型式。推力重量比11:1、推力26,400lb(120kN)。EPEはEnhanced Performance Engineの略。

F414-EDE

EDEは高圧タービンおよび高圧圧縮機(HPC)を改良した型式。高い温度に耐えるため高圧タービンのデザインが変更され、高圧圧縮機も空気力学に沿ったものとなり7段から6段に変更された。これにより燃料消費率が2パーセント減少している。

  • なし
F414M

Mako/HEAT英語版に搭載されている型。ドライ推力12,500lbf (55.6 kN)、アフターバーナー推力16,850lbf (75 kN)。ちなみに本機は、韓国のT-50用にも提案されていたが、後に、F404の提示によって取って代わられている。

F414G

グリペンDemoおよびグリペンNG向け。単発機のグリペンで使用するため若干の改修が施されている。グリペンDemoはこのエンジンを搭載しアフターバーナーなしでのスーパークルーズを行いM1.2に達した。

F414-GE-INS6

インド空軍のHALテジャス軽戦闘機用。2010年10月に発注された。高圧圧縮機は6段。アフターバーナー推力26,400lbf(120kN)。

性能(F414-400)[編集]

  • 形式 アフターバーナー付きターボファンエンジン
  • 長さ 154 in (3,912 mm)
  • 直径 35 in (889 mm)
  • 乾燥重量 1,110 kg (2,445 lb)
  • 圧縮機 3枚のファン及び7段の軸流圧縮機
  • タービン 高圧と低圧のタービンが1段ずつ
  • 推力
    • 62.3 kN ドライ推力
    • 98 kN(22,000 lbf) アフターバーナー使用
  • 推力重量比 9:1

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]