ロールス・ロイス・チュルボメカ アドーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロールス・ロイス・チュルボメカ アドーア

ロールス・ロイス・チュルボメカ RT.172 アドーア英語: Rolls-Royce Turbomeca RT.172 Adour)は、イギリスのロールスロイスとフランスのチュルボメカの合弁会社であるロールス・ロイス・チュルボメカ社によって開発、生産された2軸式のターボファンエンジンである。このエンジンの名称はフランス南西部を流れるアドゥール川に由来する[1]

歴史[編集]

アドーアは当初、イギリスとフランスの共同開発によるジャギュア攻撃機用に開発されたエンジンで1968年に最初の運転に成功した。当初はアフターバーナーは搭載していなかった。

2009年7月の時点で19種類に及ぶ2,800基以上のアドーアが生産され、総飛行時間は2009年12月に800万時間に達した[2]アメリカ合衆国ではこのエンジンをF405-RR-401(ベース型:アドーア Mk 871)として現在でもアメリカ海軍ボーイング / BAE システムズ T-45 ゴスホーク練習機で使用しており、改良型としてF405-RR-402(ベース型:アドーア Mk 951)が開発されている。開発当初サージングの問題があり、対策がとられた。日本でも三菱T-2/F-1用に石川島播磨重工業(現・IHI)がライセンス生産したTF40-IHI-801A(ベース型:アドーア Mk 102、派生型:アドーア Mk 801)を採用していた。しかしIHIがライセンス生産を締結する前にFMS形式で防衛庁(当時)が先行量産型のアドーアを輸入した。これを元にIHIがIHI801Xとして生産していたが、ロールスロイス側は改良型エンジンをリリースした上、技術的な対応などRR側の対応があまりにもおざなりなものであった為、生産途中で仕様が独自変更されている(この一件で欧州製に対する不信が防衛庁に起こることとなる)。そして搭載されていたT-2、F-1の退役と共に同機も退役した。

世界初の3軸式ターボファンエンジンロールス・ロイス RB.203のコアエンジンにも転用され、その基礎研究はRB.207を経てRB.211で具現化することになった。

派生機種[編集]

地上試験用エンジン
10基の試作エンジンが試験の為にロールスロイスとチュルボメカによって製造された[3]
飛行試験用エンジン
ジャギュア試作機の為に25基が製造された[3]

アフターバーナー搭載型[編集]

  • アドーア Mk 101 - ジャギュア用に最初に生産された派生機種で40基が生産された[3]
  • アドーア Mk 102 - アフターバーナーを備えた2次生産機種[3]
  • アドーア Mk 104
  • アドーア Mk 106 - Mk 871を基に開発されたジャギュアのMk104エンジンを換装するためのエンジンでアフターバーナー部を持つ。イギリス空軍は改良型のGR3に再換装した[4]。2007年5月、Coningsby空軍基地を拠点とする第6飛行隊の最後の16機のジャギュアの退役に伴い、イギリス空軍でのアドーア Mk 106の運用は全て終了した[5]
  • アドーア Mk 801 - 三菱 F-1T-2 (航空自衛隊)
  • TF40-IHI-801A - 三菱 F-1T-2用の石川島播磨重工によるMk 801のライセンス生産型
  • アドーア Mk 804 - インド空軍のジャギュア-フェイズ2用にヒンドスタン航空機でライセンス生産された。
  • アドーア Mk 811 - インド空軍のジャギュア-フェイズ3から6用にヒンドスタン航空機でライセンス生産された。
  • アドーア Mk 821 - Mk804とMk811エンジンの改良型でインド空軍のジャギュア用に現在開発中。

アフターバーナー非搭載型[編集]

  • アドーア Mk 151
  • アドーア Mk 151A - レッドアローズで使用される。発煙機の為にジェットパイプが改良された。
  • アドーア Mk 851
  • アドーア Mk 861
  • アドーア Mk 871
  • F405-RR-401 - Mk 871と似ており、アメリカ海軍のT-45 ゴスホークに搭載される。
  • アドーア Mk 951 - 最新型のBAe ホークBAE タラニスダッソー nEUROnUCAV技術実証機の動力として設計された[6]。アドーア Mk 951はアドーアMk 106を再設計することによりより性能を向上(推力6,500 lbf (29,000 N))して寿命がMk 871の2倍になった。ファンと燃焼器、高圧、低圧タービンが新しくなり、完全デジタルエンジン制御(FADEC)が導入された事が特徴である。Mk 951は2005年に認証を取得した。
  • F405-RR-402 - Mk 951の技術が導入され改良型のF405-RR-401、2008に認証取得 2012年に運用開始予定

搭載機[編集]

ライセンス生産[編集]

IHI TF40-IHI-801A

仕様(アドーア Mk 106、Mk 871のリヒート搭載版)[編集]

出典:Rolls-Royce[7]

一般的特性

構成要素

  • 圧縮機: 低圧2段、高圧5段
  • タービン: 低圧1段、高圧1段

性能


関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Gunston 1989, p.155.
  2. ^ Rolls-Royce PLC -Adour product page Retrieved: 21 July 2009
  3. ^ a b c d “Development of the Adour”. Flight International: 649–650. (1973-04-26). http://www.flightglobal.com/pdfarchive/view/1973/1973%20-%201098.html. 
  4. ^ Adour, power for the Hawk, Goshawk & Jaguar”. Rolls-Royce plc, Dated: 1 April 2006 (2006年). 2008年5月10日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ RAF Jaguar GR3/GR3A”. Royal Air Force, Dated: May 2007 (2007年). 2008年5月10日閲覧。
  6. ^ BAE Systems Taranis”. FlugRevue (2007年). 2006年12月9日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ Rolls-Royce Adour fact sheet Retrieved: 21 July 2009

外部リンク[編集]