ロールス・ロイス AE 1107C-リバティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
V-22のT406エンジンポッド

ロールス・ロイス T406 (会社名称 AE 1107C-リバティ) とは、ロールス・ロイス plcが製造するターボシャフトエンジンである。現在運用されている唯一のティルトローター機であるベルボーイング V-22 オスプレイに使用されている。 エンジン出力は6,000 shp (4,470 kW)である。

設計[編集]

T406/AE1107C リバティはAE 3007AE 2100 シリーズのコアを共有している。元々はアリソン・エンジンで開発された。

V-22のT406エンジンは翼端の可変傾斜型のナセルにローターと共に搭載され、V-22の飛行を特徴づける物となっている。離陸時と着陸時はナセルの向きを90°直立状態にし、遷移飛行時は前方(0°)へ向ける。左右のエンジンは互いに反対方向に回転する[要出典]

主翼内部では両エンジンの駆動軸が接続されており、どちらか一方のエンジンが故障しても、もう一方のエンジンが両ローターを駆動し墜落を防ぐ。

このエンジンはこれまでCH-47 チヌークCH-53K等の大型ヘリコプターにも使用されており、設計自体は古いが、実績があり、信頼性が高いのでV-22にも採用されたとされる。

搭載機[編集]

仕様 (T406)[編集]

一般的特性

  • 形式: ターボシャフト
  • 全長: 78.1 in (1,980 mm)
  • 直径: 34.2 in (890 mm)
  • 乾燥重量: 971 lb (440 kg)

構成要素

性能


脚注[編集]

  • Leyes II, Richard A.; William A. Fleming (1999). The History of North American Small Gas Turbine Aircraft Engines. Washington, DC: Smithsonian Institution. ISBN 1-56347-332-1. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]