ロールス・ロイス BR700

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BR710エンジンの後部

BR700 は、BMWロールス・ロイス plc の合弁会社である BMW・ロールス・ロイス によって開発されたエンジンのシリーズである。2000年ロールス・ロイス plcの子会社になり現在は ロールス・ロイス・ドイツ となっている。

同社は1990年に設立され、最初のエンジンの運転 (BR710) は1994年に行われた。

派生機種[編集]

BR710 シリーズの仕様
BR710-48 BR715-58 BR725-50
推力 (lb) 14,750-15,500 18,500-22,000 15,000-17,000
乾燥重量 (lb) 4640 6155 約4912
全長 (in) 134.0 147.0 202.0(ナセル?)
ファン直径 (in) 48.0 58.0 50.0

BR710-A1-10, C2-20[編集]

ツインシャフトターボファンの BR710 は、1997年には ガルフストリーム V に、1998年には ボンバルディア グローバル・エクスプレス に搭載された。この機種は ガルフストリーム G500 のエンジンとしても採用された。

排気システムを修正した関連機種が、まもなく BAE ニムロッドMRA.4に提供される予定である。

2段の低圧タービンで駆動される直径48インチの1段のファン、2段の空冷高圧タービンで駆動される過給10段高圧コンプレッサ(V2500ユニットを基にした)で構成される。

BR715-A1-30, B1-30, C1-30[編集]

もう一つのツインシャフトターボファンである BR715 は、1997年4月に最初の運転を行い、1999年中頃に使用された。この機種は ボーイング717 のエンジンである。

3段の低圧タービンで駆動される、2段の低圧コンプレッサと直径58インチの1段のファンがで構成される新規の軸が、BR715 で導入された。高圧の軸は BR710 のものと類似している。

中圧コンプレッサブースターステージは中心を過給し、中心の出力とエンジンの推力を壮大させる。しかし、ジェットノイズの用件を満足させるためには、特定の低い推力を維持するため、より大きなファンが必要となる。

BR725[編集]

BR725 は ガルフストリーム G650 向けの新しいエンジンである[1] このエンジンは最大で、17000lbf(75.6kN)の推力がある[2]。 BR725 は 4.4:1 のバイパス比であり、全機種の BR710 よりも騒音を 4 db 低減している。ファンは 50インチ(127cm) であり、24本のチタン製のブレードで構成される。

BR725 プロトタイプは、2008年4月の時点で構成ユニットのベンチテストを受けている。完全に動作する最初のエンジンは 2008年春の終わりに予定されている[3]

参照[編集]

  1. ^ Gulfstream G650 - Rolls-Royce power
  2. ^ "Rolls-Royce presents BR725 engine to power new Gulfstream G650", Rolls-Royce, 13 March 2008.
  3. ^ [Aerospace engineering & manufacturing, May 2008, p. 26 The monthly publication of SAE International]