ゼネラル・エレクトリック TF39

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TF39
TF39
要目一覧
種類 高バイパスターボファンエンジン
製造国 アメリカ合衆国
製造会社 GE・アビエーション
最初の運転 1964年
主な搭載機 ロッキード・C-5・ギャラクシー
形式 ターボファンエンジン(バイパス比8:1)
全長 312 in (792 cm)
直径 97 in (246 cm)
重量 8000 lb (3630 kg)
圧縮機 軸流式
推力 43,300 lbf (193 kN)
燃料消費 0.313 lb/lbf-hr
C-5のTF39
TF39特有のファンブレード

ゼネラル・エレクトリック TF39は高バイパスターボファンエンジンである。ロッキード・C-5・ギャラクシーの動力として開発され始めて実用化された高推力高バイパスターボファンエンジンだった。TF39からCF6シリーズが開発され、船舶や産業用のLM2500ガスタービンの基になった。

開発[編集]

アメリカ空軍は1964年に次世代の戦略輸送機を意図した"CX-X 計画"を発表した。複数の機体やエンジンの提案があり、1965年にロッキード社による機体の設計案とゼネラル・エレクトリックのエンジンの設計案が採用された。

高バイパスのターボファンはエンジンの性能が大幅に向上しており推力は43,000ポンドで燃料消費効率は約25%も改善された[1]。TF39のバイパス比は8:1で圧縮比は25:1で先進的な強制空冷タービンによりタービン温度は 2,500°F (1,370℃) が可能になった。最初のエンジンは1965年に試験された。1968年から1971年にかけて463基のTF39-1 と -1AエンジンがC-5A航空隊の為に生産され、納入された。

設計[編集]

TF39は推力が41,000 から 43,000 lbf (191 から 205 kNの1960年代において革命的なエンジンだった。それは、次のような当時の多くの新技術を採用した。

機械的にTF39ほどの高バイパス比のターボファンエンジンはそれまでに無かった[2]

ファンの回転翼は外部バイパス部の為に吸気案内翼に固定され、コアブースター段はファン回転翼の前にあった。これは類稀な設計で前から見ると明らかになる[3][4]

派生機種[編集]

仕様 (TF39-1C)[編集]

一般的特性

  • 形式: ターボファン
  • 全長: 312 in (792 cm)
  • 直径: 97 in (246 cm)
  • 乾燥重量: 8000 lb (3630 kg)

構成要素

  • 圧縮機: 軸流式, ファン1段, 低圧5段, 高圧16段
  • 燃焼器: アンニュラー式
  • タービン: 軸流式,高圧2段, 低圧6段

性能

出典: [5]


出典[編集]

  1. ^ General Electric - CF6 history
  2. ^ スナバーはファンブレードの末端と中間部にあるファンの表面に直角に突き出ている突起である。スナバーは隣接するファンブレードを互いに支えあい、ブレードの振動特性を向上させる。
  3. ^ www.planes.cz - TF39 front view
  4. ^ www.airliners.net - TF39 running
  5. ^ Gas Turbine Engines. Aviation Week & Space Technology Source Book 2009. p. 119
  • Gunston, Bill (2006). World Encyclopedia of Aero Engines, 5th Edition. Phoenix Mill, Gloucestershire, England, UK: Sutton Publishing Limited. ISBN 0-7509-4479-X. 

外部リンク[編集]