ゼネラル・エレクトリック LM2500

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GE LM2500
000126-N-6939M-003 Propulsion Maintenance.jpg
主要諸元表
種類 舶用ガスタービンエンジン
全長 6.52メートル (21.4 ft)
全高 2.04メートル (6.7 ft)
重量 10,300ポンド (4,700 kg)
出力 33,600 軸馬力(25.1メガワット
燃料消費率 0.373 ポンド/軸馬力-時間
排気温度 565℃
排気量 155 ポンド/秒
熱効率 37%
熱消費率 6,860 BTU/shp-hr

ゼネラル・エレクトリック LM2500(General Electric LM2500)は、主に船舶の推進エンジンや発電等の多様な産業用として使用されるゼネラル・エレクトリック社のターボシャフト・ガスタービンエンジンである。

船舶用ガスタービンエンジンの中でも最も販売数の多いものであり、元々は航空機用のゼネラル・エレクトリック CF6-6 ガスタービンエンジンから船舶用へ再設計された派生品である。

最新版のLM2500では33,600軸馬力(25.1MW)が取り出せ、ISO条件下(ISO 3977)では37%の熱効率が得られる。本機はアメリカ海軍軍艦や、水中翼船ホバークラフト、高速フェリーやその他の国の軍艦などのさまざまな用途・国籍において使用されている。

実績[編集]

2004年には、29ヶ国以上の世界中の海軍で1,000台以上のLM2500ガスタービンが使用されていた。[1]

LM2500/LM2500+はCODAG又はCODOG推進システムのタービン部分、またはCOGAGシステムの2台1組の動力機関としてこのクラスでは最も標準的なものとなっている。

日本では、石川島播磨重工業株式会社(現・株式会社IHI)によって、イタリアではアビオ S.p.A.によって、また韓国ではサムスンテックウィンによってライセンス生産されている[2]

海上自衛隊では、こんごう型むらさめ型たかなみ型あたご型ひゅうが型いずも型と近年の主要な護衛艦に搭載されている。

特徴[編集]

扱いやすい筐体[編集]

インガルス造船所での造船過程で、重量物クレーンで「バンカー・ヒル」の船体内に下ろされる主推進モジュール。このモジュールは、2台のGE LM2500 ガスタービン・エンジンと1組のウエスチングハウス製の減速ギヤーより構成される。

軍用のLM2500の多くの設置では、標準的な40フィート(約12m)の協同一貫貨物コンテナ、長さ:40フィート(約12m)、幅:8フィート(約2.4m)、高さ:8フィート6インチ(約2.6m)と同じ寸法の鉄製コンテナ内にエンジンが収められている。

コンテナ化されたLM2500は吸気ダクトが適切な形状となっている限り、容易に搭載艦から取り外せるように設計されているようである。

ファミリー[編集]

LM2500+はLM2500の発展型であり、40,200軸馬力(30,000kW)又は発電機と組み合わせれば28.6MW程の電力が得られる。世界で最も大きな大西洋クルーズ船であるクイーン・メリー2号では、このタービン発電機2組が煙突に近い上部構造物内に設置され、船の4台あるディーゼル発電機では不足したり故障したりした時の追加の電力を供給していた。

LM2500ファミリーの中の最新開発のものはゼネラル・エレクトリック LMS100である。 LMS100は、高Part-Power効率、保守間隔に影響を与えないCycling機能、10分での始動、急送信頼性、拒否と負荷追従能力、低量排出など、 他の80-160MW級のガスタービンでは得られない最高の価値を提供すると謳われている。

ゼネラル・エレクトリックは、ゼネラル・エレクトリック LM6000という、さらに大きなエンジンを提供している。LM6000は、最新型のLM2500と同様の形態で最大出力が2倍となっている。

性能向上の歴史[編集]

LM2500は、スプルーアンス級駆逐艦とそれに関連して1970年から建造されたキッド級ミサイル駆逐艦というアメリカ海軍の戦闘艦で初めて使用された。この形態で21,500軸馬力(16,000 kW)に向上された。

同じ形態で、続いて1980年代にオリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲートタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦で使用された。これは中華人民共和国旅滬型駆逐艦の1隻でも、禁輸となる前に購入されて使用された。

LM2500は、1980年代に計画され1990年代初頭には就役していたアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦サプライ級高速戦闘支援艦で26,500軸馬力(19,800kW)へ向上された。

1990年末期の最新世代では26,500shp(19,800kW)以上と向上されている。

搭載艦艇[編集]

 アメリカ海軍

 アメリカ沿岸警備隊

イギリスの旗 キュナード・ライン

 イスラエル海軍

 イタリア海軍

 インド海軍

 オーストラリア海軍

 オーストラリア海軍 /  ニュージーランド海軍

Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊

 カナダ海軍

 スペイン海軍

 韓国海軍

 タイ海軍

 中国人民解放軍海軍

 台湾海軍

 ドイツ海軍

 トルコ海軍

 ノルウェー海軍

 フランス海軍 /  イタリア海軍

 南アフリカ海軍


参照[編集]

  1. ^ "GE Marine to Supply IHI with LM2500 Gas Turbines to Power Japan's 15DDG AEGIS Destroyer," GE Aviation Press Release. May 06, 2004.
  2. ^ GE Aviation (2004年11月15日). “GE to Supply Samsung Techwin with LM2500 Gas Turbine for Korean KDX Destroyer” (英語). 2012年1月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]