ハリファックス級フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリファックス級フリゲート
レジャイナ (FFH-334)
艦級概観
艦種 フリゲート
艦名 カナダの都市名
建造期間 1987年 - 1996年
就役期間 1992年 - 現在
建造数 12隻
前級 サン・ローラン級駆逐艦
レスティゴーシュ級駆逐艦
マッケンジー級駆逐艦英語版
アナポリス級駆逐艦
次級
性能諸元
排水量 満載:5,235 t
全長 134.7m
全幅 16.4m
吃水 5m
機関 CODOG方式
SEMT ピルスティク20 PA6 V280 ディーゼルエンジン (11,780 bhp) 1基
GE LM2500ガスタービンエンジン (23,750 shp) 2基
スクリュープロペラ 2軸
速力 最大29 kt
航続距離 7,100海里 (15ノット巡航時)
乗員 215名

ハリファックス級フリゲート (: Halifax-class Multi-Role Patrol Frigate) はカナダ海軍フリゲート

来歴[編集]

1970年代後半、カナダ海軍は、保有する20隻におよぶ護衛駆逐艦の老朽化という問題に直面していた。サン・ローラン級駆逐艦にはじまる系譜に属するこれらの艦は、多くがヘリコプター運用能力を有し、優秀な対潜艦として活躍してきたが、イギリス海軍12型フリゲートの設計に基づいており、発達する兵器テクノロジーへの追随は難しくなっていた。このことから開始されたのがCPF (Canadian Patrol Frigate)計画で、これに基づいて建造されたのが本級である[1]

1983年、まず第1バッチ6隻の建造が承認された。当初は基本設計を担当したセント・ジョン造船所が一手に担当する予定であったが、政治的な事情もあり、下請けのマリン・インダストリーズ社と3隻ずつ分け合うことになった。また1986年には、さらに第2バッチ6隻の追加建造が決定された。第2バッチについては、船体を10メートル延長して対空型とし、最終的には対空型8隻と対潜型12隻を整備する計画であったが、原潜導入計画とバーターに、最終的に第2バッチも第1バッチと同じ対潜型とされ、対空型の整備はなされなかった。なお原潜導入計画はのちに断念された[2]

設計[編集]

ステルス性に配慮した設計が外見上の特徴となっている。上部構造物は全体的に低く、艦橋構造物は2層とされており、また外板はわずかに内側にテーパーしている。艦型については、L/B比8.2と、かなりずんぐりとしている。またNBC防護のため、艦橋などには大気圧に加えて500パスカル、機関室などにも375パスカルの陽圧がかけられている[2]

主機関方式としてはCODOG構成を採用しており、巡航機としてはSEMT ピルスティク20 PA6 V280 V型20気筒ディーゼルエンジン1基が、高速機としてはゼネラル・エレクトリック LM2500ガスタービンエンジンが2基搭載される。また静粛性確保のため、主機はラフト上に設置されている[2]

装備[編集]

本級は、戦術曳航ソナー哨戒ヘリコプターによる優れた対潜戦能力を備えるほか、シースパロー個艦防空ミサイルハープーン艦対艦ミサイルボフォースMk.2 57mm単装速射砲、高度な電子装備により、多任務に対応できる。

戦術情報処理装置としては、当初はSHINPAD(Ship's Integrated Processing and Display System)が搭載されていた。これはUYK-507(V)1コンピュータ33基とUYQ-501コンソール13基、U2049ディスプレイから構成されており、コンピュータのうち28基が戦闘情報処理・運用に供されていた[2]

また、2010年代においても就役を継続するため、2000年代より性能向上を目的としたHCM/FELEX (Halifax Class modernisation programme / frigate life extension) 計画が進められており、2010年より順次に改修を開始、2017年までに全艦が改修される予定となっている[1]

兵装・電装諸元表[1]
建造当初 HCM / FELEX改修後
兵装 ボフォースMk.2 57mm単装速射砲×1基 ボフォースMk.3 57mm単装速射砲×1基
ファランクス 20mmCIWS×1基 ファランクスBlk.1B 20mmCIWS×1基
Mk.48 mod.0 VLS (16セル)
シースパロー 短SAM用)
Mk.48 mod.4 VLS (16セル)
ESSM 短SAM用)
ハープーン Blk.1C SSM 4連装発射筒×2基 ハープーン Blk.2 SSM 4連装発射筒×2基
Mk.32 mod.9 短魚雷連装発射管×2基
艦載機 CH-124 哨戒ヘリコプター×1機 CH-148 哨戒ヘリコプター×1機
C4I 海軍戦術情報システム
(SHINPADS+リンク 11/14)
海軍戦術情報システム
(サーブ 9LV+リンク 11/14/16)
FCS SPG-503 STIR 1.8 砲/SAM射撃指揮×2基 CEROS-200 砲/SAM射撃指揮×2基
SIRIUS IRST
レーダー AN/SPS-49(v)5 対空捜索用 SMART-S Mk.2 3次元式
SPS-505 シージラフ英語版 低空警戒/対水上捜索 シージラフSG-150HC 低空警戒/対水上捜索
ソナー SQS-510 艦首装備
SQR-501 CANTASS
電子戦
対抗手段
SLQ-501 電波探知装置 NS9003A-V2HC
SLQ-505 ECM装置 n/a
プレッシー・シールド デコイ発射機 TKWA/MASSデコイ発射機
AN/SLQ-25魚雷デコイ

同型艦[編集]

# 艦名 起工 就役
FFH-330 ハリファックス
HMCS Halifax
1987年3月 1992年6月
FFH-331 バンクーバー
HMCS Vancouver
1988年5月 1993年8月
FFH-332 ヴィル・ド・ケベック
HMCS Ville de Québec
1988年12月 1994年7月
FFH-333 トロント
HMCS Toronto
1989年4月 1993年7月
FFH-334 レジャイナ
HMCS Regina
1989年10月 1994年9月
FFH-335 カルガリー
HMCS Calgary
1991年6月 1995年5月
FFH-336 モントリオール
HMCS Montréal
1991年2月 1994年7月
FFH-337 フレデリクトン
HMCS Fredericton
1992年4月 1994年9月
FFH-338 ウィニペグ
HMCS Winnipeg
1993年3月 1995年6月
FFH-339 シャーロットタウン
HMCS Charlottetown
1993年12月 1995年9月
FFH-340 セント・ジョンズ
HMCS St. John's
1994年8月 1996年6月
FFH-341 オタワ
HMCS Ottawa
1995年4月 1996年9月

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Sandy McClearn (2009年). “HALIFAX Class” (英語). 2009年8月12日閲覧。
  2. ^ a b c d 木津徹「現地で見たハリフアックス級フリゲイト」、『世界の艦船』第484号、海人社、1994年8月、 141-145頁。

関連項目[編集]