シコルスキー S-61

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シコルスキー S-61

SH-3 シーキング

SH-3 シーキング

シコルスキー S-61(Sikorsky S-61)は、アメリカ合衆国航空機メーカー、シコルスキー・エアクラフト社が開発した双発タービンエンジンの大型ヘリコプター。S-61はシコルスキー社内での呼び名で、各国軍では別の名称を使用している。

開発[編集]

アメリカ海軍が使用していた対潜ヘリコプター HSS-1(S-58/SH-34)の後継機として計画された。試作機のXHSS-2が1959年3月11日に初飛行。吊り下げ式のディッピングソナーやソノブイ投下システムなどを装備している。キャビンは対潜機器が装備できるように大型であり、対潜機器を外すと輸送ヘリとしても十分使用できるようになっていた。HSS-2 シーキングは、1962年にSH-3 シーキングと改名され、SH-3 シーキングがアメリカ海軍で運用が始められた。アメリカ海兵隊大統領専用機VH-3 マリーンワンとしても使用されている。

シコルスキー社はすぐさま商業モデルの開発に動き出した。貨物や乗客の搭載量を確保するため、SH-3の機体を1.27m延長した。フロートスタビライザーを省略し、降着装置の修正を行った。S-61Lと命名され、1961年11月2日に初飛行し、1962年3月1日にはロサンゼルス・エアウェイズが採用した。民間向けにも水上での運用に最適化したS-61Nも開発され、SH-3のフロートを装備した。1962年8月7日に初飛行。S-61LとS-61Nは、ゼネラル・エレクトリック製T58-GE-8Bエンジンを搭載していたが、CT58-140にアップグレードしたMk IIも開発された。

運送業者のカーソン・ヘリコプターズは、商業モデルS-61の機体を1.6メートルほど縮小させ、エンジンが単発であるデメリットを削減し、外部搭載量を増すことに成功した[1]。この縮小モデルは、ヘリプロ・コーポレーションによってLモデル、Nモデルともに改造され、1996年にショートスカイと命名された。

派生型[編集]

イギリスウェストランド日本三菱重工業イタリアアグスタ社、カナダのユナイテッド・エアクラフト・オブ・カナダがライセンス生産し、各国軍に採用された。多用途向きで使い勝手が良いため、世界中に輸出され、運用されている。

S-61
アメリカ軍のSH-3に対するシコルスキーの指定。
S-61A
デンマーク空軍向け。
S-61A/AH
測量や捜索救難など民間向け汎用ヘリコプター。
S-61B
海上自衛隊のHSS-2に対するシコルスキーの指定。
S-61D-3
ブラジル海軍向け。
S-61D-4
アルゼンチン海軍向け。
S-61NR
アルゼンチン空軍向け。
S-61R
アメリカ空軍(CH-3/HH-3)、イタリア空軍他向け。
S-61L
民間向け陸上ヘリコプター。
S-61L Mk II
S-61Lの改良型。
S-61N
民間向け水陸両用ヘリコプター。
S-61N Mk II
S-61Nの改良型。
S-61 ペイローダー
クレーン作業に特化され、機体下部構造が特徴である。標準的なS-61Nより約900 kg (2000lb) 軽量化されている。
S-61 ショートスカイ
エンジン1基搭載と外部ペイロードを増やした設計で、S-61L/Nより機体を縮小された。
AS-61
アグスタ社の指定。
CH-124
ユナイテッド・エアクラフト・オブ・カナダ社の指定。

ウェストランドのライセンス生産[編集]

イギリスのウェストランド社(Westland Aircraft)でライセンス生産された機体はイギリス海軍の対潜任務のほか、救難機や兵員輸送機、さらに対地攻撃機早期警戒機型も生産され、ヨーロッパ中東インドなどへ輸出された。

なお、早期警戒機型は機体右側から後ろ向きに伸ばしたブームを介して吊り下げる形で早期警戒レーダーを装備し、飛行時にブームを下ろす機構を採用している。

派生型[編集]

イギリス海軍のシーキング
シーキング早期警戒型
ドイツ海軍のシーキング

ウェストランドがライセンス生産した機体。独自の改良型が多数ある。

シーキング HAS.1
イギリス海軍用の対潜哨戒用機(米軍SH-3D相当)
シーキング HAS.2
HAS.1 の出力増強型。
シーキング HAS.2A
HAS.1をHAS.2 並に改装した機体。
シーキング AEW.2A
HAS.2 から改装した早期警戒機。
シーキング HAR.3
HAS.2 の捜索救難機。
シーキング HC.4
コマンドー Mk.2(後述)のイギリス海軍用戦術輸送型機。
シーキング HAS.5
HAS.2 の電子装備を新型に換装した機体。
シーキング HAR.5
HAS.5 の捜索救難機。
シーキング AEW.5
HAS.5 から改装した早期警戒機。
シーキング HU.5
HAS.5 から改装した多目的機。
シーキング HAS.6
HAS.5 の出力増強型。
シーキング HAS.6(CR)
HAS.6 から改装した多目的機。
シーキング AEW.7
従来の早期警戒機型から対潜レーダーを除去した型。
シーキング ASaC.7
AEW.7 の能力向上型。
シーキング Mk.41
HAS.1 からソナー装備を撤去したドイツ海軍向けの捜索救難型機。
シーキング Mk.42
対艦ミサイル搭載可能なインド海軍向け機体(HAS.1 に相当)
シーキング Mk.43
ノルウェー軍向けの捜索救難機型(Mk.41 に相当)
シーキング Mk.45
HAS.1 にエグゾセ搭載能力を付加した、パキスタン軍向けの機体。
シーキング Mk.47
エジプト海軍向けの海上哨戒機型(HAS.2 相当)
シーキング Mk.48
ベルギー空軍向けの捜索救難型機(Mk.41 に相当)
シーキング Mk.50
オーストラリア海軍向けの海上哨戒機型(HAS.1 に相当)
コマンドー Mk.1
エジプト空軍向けの捜索救難型機。Mk.41 と同等
コマンドー Mk.2
コマンドー Mk.1 の出力を増強した戦術輸送機型。エジプト、カタール軍が採用。
コマンドー Mk.3
カタール軍向けの武装多用途型機。

三菱のライセンス生産[編集]

日本でも、1963年昭和38)に海上自衛隊の対潜哨戒機HSS-2として導入された。三菱重工業ライセンス生産した機体が1964年(昭和39)に初飛行、同年に納入された。海自ではHSS-2/S-61Aを「ちどり」と命名している。

日本のS-61は1991年平成3)まで26年間にわたり185機が生産されたが、そのうち167機がHSS-2で、26年間に日本独自の改造を2度行った。

対潜哨戒型[編集]

防衛庁ではHSS-2の寿命を決めるために、機体構造の疲労試験を行ったが、この作業は新機種の開発期間を決めることにつながるため、それ以降の日本ヘリコプター産業および研究開発の作業量を決定するのに役立った。

HSS-2
最初の生産型であり、アメリカ海軍のSH-3Aに相当する。
対潜捜索用センサとしてAN/AQS-10ディッピングソナーを備えており、またAN/APN-130ドップラー・レーダーと電波高度計、自動安定装置を連動させた高度な自動操縦装置を備えていた。エンジンとしてはCT58-IHI-110-2(出力932キロワット)を搭載していた。
1964年から受領を開始し、1973年3月までに55機が調達された[2]。これらは、基本的には全て陸上型として完成した[3]
HSS-2A
HSS-2をもとに、エンジンと電子機器を増強したもので、アメリカ海軍のSH-3Dに相当する。
エンジンはCT58-IHI10-M1(1,044キロワット)とされ、ディッピングソナーもAN/AQS-13に更新したほか、衝突防止用レーダ(ロータ・ヘッド・レーダー)を開発して新たに搭載した。
1974年(昭和49)に納入が開始され、28機が調達されたが、うち10機は着艦拘束装置に対応した艦載型、残り18機はこれに対応しない陸上専用型であった。ただし艦載型のうち5機が後に陸上型に改装されたほか、23号機以降ではテイルブームを延長すると共に水平安定板を増積することにより空力的改良が施されている[2]1987年(昭和62年)退役。
HSS-2B
HSS-2B
HSS-2をもとに、全般にわたって設計・装備の近代化改修を図ったもので、アメリカ海軍のSH-3Hを上回るものとされている。
ディッピングソナーをHQS-102、捜索レーダーをHPS-102に国産化する[3]とともに、AN/ASQ-81磁気探知機(MAD)、AN/ALR-66電子戦支援装置(ESM)、ソノブイ受信機、戦術情報処理表示装置(Tactical Data Display System, TDDS)が追加された[2]。またデジタルASE(Automatic Stabilization Equipment)の開発、計器板のソフトマウント化、アイス・ディフレクタも開発・搭載された。搭載機器の重量増は燃料搭載量にしわ寄せされたため、航続距離がHSS-2Aの約985kmに対し約787kmに減少している。
1979年(昭和54年)納入、980年12月に部隊使用承認を受け、84機(艦載型48機、陸上型36機)が調達された。同じくシコルスキーのSH-60J シーホークによって更新されて、2003年(平成15年)退役。


輸送・救難型[編集]

海上自衛隊のS-61A
名古屋港・南極観測船「ふじ(二代目)」艦上展示機
S-61A
輸送機として3機が採用され、HSS-2と同じく三菱重工業でライセンス生産された。
S-61A-1
輸送機S-61Aの代替として導入された。1976年(昭和51)から三菱で新造された2機が納入され、後に2機のHSS-2Bが哨戒機器を撤去され、S-61A-1となった。これらは南極観測船「しらせ」の艦載機で、1機は早くに退役し、3機体制となった。
初代「しらせ」退役に伴い2008年(平成20年)10月15日に館山航空基地でS-61A-1「8185」号機が最終飛行を行い全機退役。この3機は海自に最後まで残ったS-61であった。「しらせ」艦載ヘリ後継機としてCH-101に転換される。
S-61AH
S-62Jの代替として1977年(昭和52)より導入された捜索救難(SAR)機。
13機が配備されたが、現在ではUH-60Jへの転換により、全機退役している。


運用国[編集]

ヘリジェット・エアウェイズのS-61
軍用 民用

スペック (S-61N Mk II)[編集]

出典: International Directiory of Civil Aircraft[4]

諸元

  • 乗員: 2名
  • 定員: 最大30名
  • 全長: 17.96m (58ft11in)
  • 全高: 5.32m (17ft6in)
  • ローター直径: 18.9m (62ft)
  • 空虚重量: 5,595kg (12,336lb)
  • 最大離陸重量: 8,620kg (19,000lb)
  • 動力: ゼネラル・エレクトリック CT58-140 ターボシャフト、1,120kW (1,500shp) × 2

性能

  • 最大速度: 267km/h (166mph)
  • 巡航速度: 222km/h (120ノット)
  • 航続距離: 833km (450海里)
  • 実用上昇限度: 3,810m (12,500ft)
  • 上昇率: 400-670m/min (1,310-2,220ft/min)


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

出典[編集]

  1. ^ Carson Helicopters (2009年). “About Carson Helicopters” (英語). 2009年1月12日閲覧。
  2. ^ a b c 青木謙知「HSS-1からSH-60Kへ 対潜ヘリコプターの発達 (特集 海上自衛隊の艦隊航空)」、『世界の艦船』第696号、海人社、2008年10月、 88-91頁、 NAID 40016204590
  3. ^ a b 石川潤一「海上自衛隊艦載航空部隊発達史 (特集 海上自衛隊のDDHとその将来)」、『世界の艦船』第584号、海人社、2001年7月、 96-99頁、 NAID 40002156111
  4. ^ Frawley, Gerard. page 194.
  • Gerald Frawley, The International Directiory of Civil Aircraft 2003/2004, Aerospace Publications Pty Ltd. ISBN 1-875671-58-7

関連項目[編集]