CH-53 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

CH-53 シースタリオン

CH-53D

CH-53D

CH-53 シースタリオン(Sea stallion)は、アメリカ海兵隊の強襲作戦用に開発されたシコルスキー・エアクラフト社製の重量物輸送ヘリコプター(Heavy lift transport helicopter)。愛称のスタリオンは成長した種馬の意。社内・輸出・民間型などの呼称はS-65

原型は当時西側諸国最大のヘリコプターとして初飛行し、アメリカ海兵隊への引渡しは1966年より開始されている。以来改良、強化、多用途化が続けられ、アメリカ海軍アメリカ空軍はもとよりドイツ日本などにも輸出されている。

開発[編集]

1960年代に入り、アメリカ海兵隊CH-37の後継となる輸送ヘリコプターの検討を開始した[1]1961年アメリカ陸海空3軍は、XC-142垂直離着陸輸送機の開発に乗り出したが、海兵隊は開発期間の長さを見越し、それには加わらなかった[2]。結局、XC-142は実用化に至らなかった。

1962年3月に、海軍は航空メーカー各社に次期重輸送ヘリコプター(Heavy Helicopter Experimental/HH(X))の要求仕様を提示した。これは、8,000ポンド(3.6t)のペイロードを搭載し、150kt(280km/h)の速度で、100nm(190km)の行動半径を有するものとされた。人員輸送のみならず、航空救難、航空機回収をも任務とするなど重物資輸送にも重点が置く機体とされた[2]

海軍の要求に対し、ボーイング・バートル社はCH-47の改良型を、カマン社はフェアリー ロートダイン複合ヘリコプターの発展型をそれぞれ提案した。これに対し、シコルスキー社は、シコルスキー S-61R(CH-3)の拡大型のS-65案を提案した。エンジンをGE T64に換装し、シコルスキー S-64の動力機構を参考とした機体である[3]。1962年7月にシコルスキー S-65案が採択され、9月より開発が開始された。

試作機YCH-53Aは2機が製造され、計画より4ヶ月遅れの1964年10月14日に初飛行している[4]。続いて、16機の量産型CH-53Aの発注がなされている。量産機の引渡しは1966年9月から開始された[1]

発展[編集]

1967年1月には海兵隊の第463海兵重ヘリコプター飛行隊(HMH-463)の機体がベトナム戦争に投入され[4]CH-54とともに物資輸送に用いられた。CH-53Aは総計139機が製造されている[4]

アメリカ空軍は、CH-53Aの発展型として、機体側面に増槽を装備したHH-53Bを戦闘捜索救難機として運用した。これは、HH-53CやHH-53H、MH-53Jなど戦闘捜索救難機・特殊作戦機として発展している。

エンジンをT64-GE-6(2,850shp)からT64-GE-413(3,925shp)に換装したCH-53Dは、1969年1月27日に初飛行している。同年3月より引渡しが開始され、126機が製造されている。トランスミッションなども改良されたことにより、兵員も55名の輸送が可能となった[2]

アメリカ海軍1971年に、海兵隊よりCH-53Aを15機取得し、掃海ヘリコプターRH-53Aとして運用した。これはエンジンがT64-GE-413に換装されている。この機体は後にCH-53Aとして海兵隊に返却された[4]。続いてCH-53Dを原型としたRH-53Dが製造され、アメリカ海軍は30機を取得している。航空掃海具の曳航の他、機雷処分用にブローニングM2重機関銃を装備している。

派生型[編集]

CH-53E スーパースタリオン/MH-53E シードラゴン[編集]

タキシング中のCH-53Eスーパースタリオン

CH-53をエンジン3基として推力向上を図り、大型化したもの。そのほかメインローターブレードが6枚から7枚になり、テールローターが左側に20°傾斜しているのが特徴。現在西側最大のヘリコプターである。

MH-53 ペイブロウ[編集]

アメリカ空軍で使用される、輸送型。

そのほかの派生型[編集]

CH-53A
初期生産型。139機製造。
CH-53D
CH-53Aのエンジン換装型。126機製造。
CH-53G
ドイツ陸軍向けの戦闘捜索救難型。
CH-53GA
CH-53Gの改良型。
CH-53GS
CH-53Gのエンジン換装型。
HH-53B
アメリカ空軍向けの戦闘捜索救難型。
HH-53C
HH-53Bの改良型。
RH-53A
アメリカ海軍向けの掃海型。CH-53Aより15機改装。
TH-53A
アメリカ空軍向けの練習型。
VH-53D
CH-53DのVIP輸送型[1]。2機改装。
VH-53F
マリーンワン向け。6機発注もキャンセル[1]
S-65
シコルスキー社の社内呼称
S-65-3
イスラエル海軍向けの輸出型。

採用国[編集]

性能・主要諸元 (CH-53D)[編集]

海上でホバリングするCH-53

諸元[編集]

  • 乗員:2名(兵員37名)
  • 全長:88ft6in(26.97m)
  • 主回転翼直径:72ft2.7in(22.01m)(6枚ローター
  • 全高:24ft11in(7.6m)
  • 発動機:ゼネラル・エレクトリック製 T64-GE-413 ターボシャフト×2 各3,925shp
  • 全幅(回転翼含む):28ft4in(8.64m)
  • 全幅(胴体):15ft6in(4.7m)
  • 空虚重量:23,628lb(10.740t)
  • 最大全備重量:33,500lb(15.227t)
  • 最大離陸重量(内部積載):69,750lb(31.666t)
  • 最大離陸重量(外部積載):73,500lb(33.369t)

性能[編集]

  • 超過禁止速度:130knots(240.76km/h)
  • 航続距離:540nm(1,000km)
  • 実用上昇限度:16,750ft(5,106m)
  • 上昇率:2,460ft/min(750m/min)

登場作品[編集]

アニメ
NERV所属#406号機に葛城ミサトが搭乗、使徒の観測に使用。
映画
第一作でブラックアウトがMH-53ペイブロウに、第二作のリベンジではグラインダーがCH-53Eスーパースタリオンに変形している。
ゲーム
アメリカ軍が車両配備要請を行った時のみに出現。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d アメリカ海軍機 1946-2000 増補改訂版 ミリタリーエアクラフト’01年2月号別冊 デルタ出版 P218
  2. ^ a b c S-65 Origins / US Marine CH-53A & CH-53D Sea Stallion, Vectorsite.net, 1 May 2006.
  3. ^ 世界航空機年鑑 2007-2008 酣燈社 P324-325 ISBN 978-4873572703
  4. ^ a b c d 米海兵隊の重輸送ヘリCH-53スタリオン 石川潤一 軍事研究 2012年6月号 株式会社ジャパン・ミリタリー・レビュー P70-81

関連項目[編集]