シコルスキー S-64

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シコルスキー S-64

エバーグリーン・ヘリコプターズ社のS-64E

エバーグリーン・ヘリコプターズ社のS-64E

シコルスキー S-64 スカイクレーン(Sikorsky S-64 Skycrane)は、アメリカ合衆国シコルスキー社で開発されたアメリカ陸軍CH-54 タルヘの民間向けモデルの双発クレーンヘリコプターである。現在はS-64 エアクレーンエリクソン・エアクレーン社で生産されている。

開発[編集]

を投下するS-64

シコルスキー時代[編集]

シコルスキー S-64は、「空飛ぶクレーン」の試作機S-60の拡大版として設計された。S-64は、4,050shp(3,020kW)のJFTD-12A ターボシャフトエンジンで6枚の主ブレードを駆動しており、1962年5月9日の初飛行に続き西ドイツ陸軍での評価のために2機が製造された。西ドイツは発注しなかったが、アメリカ陸軍が6機のS-64Aを注文した(名称はCH-54A タルヘ)。少数のS-64Aと派生型のS-64Eがシコルスキー社により民間市場向けに製造された。

エリクソン時代[編集]

エリクソン・エアクレーン社のS-64

元々はシコルスキー社の製品であったが、1992年エリクソン・エアクレーン社が型式認証と製造権を購入した。

その時からエリクソン・エアクレーン社がS-64の製造者かつ世界最大の運用者になり、機体、計器類の1,350箇所以上を変更してペイロードを引き上げた。エアクレーンは森林火災を鎮圧するために2,650-ガロン(-10,000リットル)入りの消火剤タンクを取り付けられ、この分野で高い評価を得ている。

それによりS-64 エアクレーンは、消火活動と緊急即応任務のためにイタリア韓国の山林管理機関に販売された。エリクソン・エアクレーン社の機体は消火活動、民間人の保護、建築物の重量物運搬や林野業での使用のために世界各地の行政組織、企業、連邦政府の省庁へ長期、短期で貸し出されている。

エリクソン社は、アメリカ軍が20トン水上基地の要求に合致する新エンジンを搭載したエアクレーンを再導入できるように既存のCH-54を再生すると同様に新たなS-64も製造している。エリクソン社には各々のS-64に固有の名前を付ける伝統があり、最も有名なのはオーストラリアで消火活動に使用されているエルビス(Elvis)である。シラー・ブラザースの様な他の運用会社もこれに倣い、自社のS-64Eに"Andy's Pride"と名付けた。エリクソン社のS-64E "オルガ"(Olga)は、カナダトロントCNタワーの頂部を設置するに使用された。

派生型[編集]

シコルスキー スカイクレーン[編集]

S-64
双発の重量物運搬ヘリコプター
S-64A
アメリカ陸軍向けの6機のテストと評価用モデル。
S-64E

エリクソン エアクレーン[編集]

S-64E
アップグレードされ、認証を受けたCH-54A。
S-64F
アップグレードされ、認証を受けたCH-54B。2基のプラット・アンド・ホイットニー JFTD12-5A エンジンを装備。

運用[編集]

消火機器
操縦席、後方から
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
イタリアの旗 イタリア
韓国の旗 韓国

以前の運用[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

事故[編集]

性能・主要諸元[編集]

Orthographically projected diagram of the Sikorsky CH-54B Tarhe.

(S-64E)The International Directory of Civil Aircraft [9]

  • 乗員:2名(操縦士副操縦士)+後方監視要員1名
  • 搭乗員:5名まで
  • 搭載量:9,072kg(20,000lb)
  • 全長:21.41m(胴体)(70ft 3in)
  • 全高:5.67m(18ft 7in)
  • 主回転翼直径:21.95m(72ft 0in)
  • 円盤面積:378.1 m²(4,070ft²)
  • 空虚重量:8,724kg(19,234lb)
  • 最大離陸重量:19,050kg(42,000lb)
  • 発動機:2×プラット・アンド・ホイットニー JFTD12-4A(T73-P-1)ターボシャフトエンジン、4,500shp(3,555kW)
  • 超過禁止速度:203km/h(126mph、109knots)
  • 航続距離:370km(230mi、200NM)最大燃料と予備燃料
  • 巡航高度:2,743m(9,000ft)
  • 上昇率:6.75m/s(1,330ft/min)

登場作品[編集]

この機体がモデルとなった「スカイリフト」というヘリコプターが、 2つのミッションにのみ登場する。
上記と同じく「スカイリフト」の名で登場。
ロケット団の装備として登場。CH-54に装備されたものと類似したモジュールを装備している。
ロケット団の装備として登場。外見は『ベストウイッシュ』に登場したものに準じている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ HAI Rotornews
  2. ^ Helispot photo
  3. ^ NTSB report in pdf
  4. ^ Inciweb - Helitanker Accident At Rose Valley
  5. ^ http://www.dgualdo.it/isead-report.htm Helicopters area of dgualdo.it (report excerpts in Italian)
  6. ^ NTSB report — NYC07WA152
  7. ^ Helispot photo
  8. ^ NTSB report — WAS04WA012
  9. ^ Frawley, Gerard: The International Directiory of Civil Aircraft, 2003-2004, page 195. Aerospace Publications Pty Ltd, 2003. ISBN 1-875671-58-7

外部リンク[編集]