CH-53E (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

CH-53E スーパースタリオン

アメリカ海軍のCH-53E

アメリカ海軍のCH-53E

CH-53Eは、シコルスキー・エアクラフト・ディビジョン社がアメリカ海兵隊の要望によって開発した、重輸送を目的としたヘリコプター。愛称はスーパースタリオン(Super Stallion)、スタリオンは成長した種牡馬の意。社内呼称はS-80E。

CH-53 シースタリオン(S-65)の改良型でその後継機として作られた、現在西側諸国最大のヘリコプターである。

概要[編集]

CH-53の機体中央部左側に3基目のエンジンを増設した機体である。開発は1971年より開始され、1981年から部隊配備が開始された。エンジンが増設されるとともに、各エンジンの出力向上も図られている。そのため、ローターのブレード数が6枚から7枚に増え、直径も2m拡大された。テイル形状も変更され、テイルローターは左側に20度傾けられた。

アメリカ海兵隊アメリカ海軍では輸送目的に使用しているが、派生型として掃海用のMH-53E シードラゴンがある。MH-53Eは機体両側に大型のスポンソンを取り付けられているのが、CH-53Eとの大きな違いである。このスポンソンは燃料タンクであり、燃料搭載量は3倍近くに増加している。

海上自衛隊は、FMS(対外有償軍事援助)によって1989年から部隊配備を開始して11機を取得。耐用命数時間は6000時間とされている。1995年に事故により1機が失われ、老朽化のため一部の機体が退役となり、2013年3月末時点の保有数は6機である[1]岩国基地の第111航空隊で運用されている。後継機はMCH-101に決定している。

イラン海軍のMH-53Eはイラン・イラク戦争後はもっぱら輸送任務に使用していると見られている。

派生型[編集]

CH-53E
輸送型。
CH-53K
CH-53Eの近代化改修型。
MH-53E シードラゴン
機雷掃海型。

採用国[編集]

性能・主要諸元(MH-53E)[編集]

掃海装置を曳航するMH-53E
  • 全長(胴体のみ):30.19(22.35m)
  • 高さ:8.46
  • 幅:8.41m
  • 主回転翼直径:24.1m
  • 発動機:3基(名称:T64-GE-416/419、出力:4,380SHP×3(パワータービン出力回転数14,280rpm時))
  • 機体重量(自重/全備) 15.071t/33.339t
  • 速度(巡航) 150KIAS
  • 上昇率(海面上) 664m/m
  • 上昇限度(実用/限界) 5,640m/3,520m(地面効果付きホバリング限界)
  • 航続距離 2,070km(空輸時)
  • 乗員:3名

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]