XR-9 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

XR-9

XR-9B

XR-9B

XR-9は、アメリカ合衆国ヘリコプター。2機が製造されたに留まった。

開発[編集]

XO-61を納入したG&A エアクラフト(元ピトケアン・エアクラフト。1943年にファイアストンが買収[1])は、アメリカ陸軍航空軍の航空技術業務部と共同で社内呼称GA-45B、制式名称XR-9として、1人乗りのヘリコプターを開発していた[2]。機体はポッドとテイルブームで構成され、降着装置は固定式のタイヤ3つであり、メインローターは3枚、テイルローターは2枚であった。エンジンは出力126馬力のライカミング XO-290-5を採用していた[1]。メインローターを2枚としたXR-9A(GA-45C)の構想もあったが、両者は共に製造されることは無かった。

1946年、G&A エアクラフトはファイアストン・エアクラフトに改名[3]。GA-45Cの設計を見直し、メインローターを3枚に戻しタンデム配置の複座としたXR-9Bは、エンジンに134馬力のライカミング O-290-7を使用して3月に初飛行したが[1]、このXR-9Bが1946年にアメリカ陸軍航空軍が最初に購入した機体となった[1]

民間市場が広がると予想したファイアストンは、一般市場向けにGA-45Dを開発した。これはエンジン出力を150馬力に上げ、内部に余裕のある並列複座に変更したものである[1]。1946年にクリーブランドで開催されたナショナル・エア・レースでデモンストレーションを行っている[4]。さらに、4人乗りでテイルローターを2基にしたGA-50、XR-14も構想された[1]。しかし、個人用ヘリコプターは高価すぎて現実の市場としては小さなものであった。ファイアストンは航空機開発から撤退し、試作機2機で生産は終了した[1]

型式[編集]

  • GA-45B:単座、メインローター3枚。計画のみ。
  • GA-45C:単座、メインローター2枚。計画のみ。
  • GA-45C改:タンデム複座、メインローター3枚。軍用型のXR-9Bを1機製造。
  • GA-45D:並列複座、1機製造。
  • GA-50:4人乗りの民間型。キャンセル。
  • XR-9:GA-45B軍用型。計画のみ。
  • XR-9A:GA-45C軍用型。計画のみ。
  • XR-9B:GA-45C改良型。タンデム複座、1機製造。1948年にXH-9Bに改称。
  • XR-14:4人乗りの軍用型。キャンセル。

要目[編集]

  • 乗員:2
  • 全長:27フィート(8.23m)
  • メインローター直径:28フィート(8.53m)
  • 全高:8フィート6.5インチ(2.6m)
  • 有効搭載量:1,750ポンド(794kg)
  • エンジン:ライカミング O-290-7 135馬力
  • 巡航速度:80マイル/時(129km/時)
  • 実用上昇限度:10,000フィート(3,050m)

出典:The Illustrated Encyclopedia of Aircraft (Part Work 1982-1985)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Merriam, Ray. "World War II Journal #15: U. S. Warplanes of World War II, Volume 1." Bennington, Vermont: Merriam Press, 2002. ISBN 1-5763-816-7. p64
  2. ^ Andrade, John. U.S. Military Aircraft Designations and Serials since 1909. Hinckley, Leicastershire, UK: Midland Counties Publications, 1979. ISBN 0-904597-22-9. p171
  3. ^ Lambermont, Paul Marcel. Helicopters and Autogyros of the World. London: Cassell and Company Ltd, 1958. ASIN B0000CJYOA.
  4. ^ AAHS Journal, Winter 2003, p. 316

外部リンク[編集]