RAH-66 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

RAH-66 コマンチ

RAH-66 コマンチ

RAH-66 コマンチ

RAH-66は、ステルス技術が反映されたアメリカ合衆国の試作偵察攻撃ヘリコプターである。愛称はコマンチ(Comanche)、開発は、ボーイング・ヘリコプターズシコルスキー両社により行われた。開発計画は2004年2月に打ち切られたが、同国にて最初の全天候型ステルス偵察ヘリコプターであった。

なお、愛称のコマンチ(Comanche)は、北米先住民族のコマンチ族(コマンチェ族とも)からきている。

開発[編集]

アメリカ陸軍は、現在OH-58D カイオワという武装偵察ヘリコプターを運用しているが、このOH-58Dはベトナム戦争時代に開発された観測ヘリコプターの改良版であり、専用に開発されたものではなかった。対してコマンチは武装偵察専用に開発されたヘリコプターである。

コマンチは、AH-64 アパッチよりも小型軽量(コマンチは全長13.1m、重量3.5tであり、アパッチは全長17.7m、重量5.2t)である。また、コマンチの特徴としてステルス性があり、複合素材を利用してつくられたコマンチの機体はレーダー反射断面積が小さくなるようにF-117攻撃機)同様に多角形で構成され、表面にはレーダー波吸収剤が塗布されている。さらにミサイルロケット弾ポッド、20mm機関砲レーダーで捉えられやすいため、収納式になっている。味方の戦闘機から発射されたミサイルを自身の目標に向かって誘導する能力も持ち合わせており、静穏性にも配慮がなされているため、同じタイプのヘリコプターよりもエンジン騒音も小さく抑えられている。

本機の探知航行装置は特に夜間作戦、悪天候時に能力を発揮する。機体設計もAH-64よりも輸送機に搬入させやすくなっており、前線への投入も容易である。輸送機が無い状態であっても航続距離は2,330kmに及び、この長大な航続距離のお陰で、基地から作戦空域まで飛行していくことが可能である。

合衆国陸軍では当初、2004年にコマンチを導入し、合計で1,300機導入して偵察及び攻撃ミッションに使用する計画であった。運用はアパッチとの混合部隊により行うことが予定され、それに当たって陸軍では試作機を使用し飛行試験を行った。最初の試作機は1995年5月シコルスキー・エアクラフトにて完成し、同年12月に初飛行に成功した。

試作機の完成に伴い、この計画は開発改良段階へと移行し、この段階で更に8機の製造が執り行われると共に、これらの機体の初飛行が2006年6月に行われることとなった。

計画中止[編集]

AH-64と試験飛行するRAH-66 コマンチ。採用されれば、このような2機種混合部隊がアメリカ陸軍の主力ヘリコプター部隊となっていた

開発計画の真っ只中であった2004年2月23日、老朽化した既存の多目的偵察ヘリの同型機を新規調達する為に軍事予算を投入するという理由で、アメリカ陸軍はコマンチ計画を中止すると発表した。中止の要因としては他にも、軍内部でUAV(Unmanned Aerial Vehicles:無人航空機)による偵察任務の代行に期待する声が高まったこともあり(実際にアフガニスタン紛争イラク戦争での無人航空機(プレデターグローバルホーク)が偵察のみならず攻撃任務にも投入され、有効性が実証されていた)、更なる性能向上を目指した新型UAVの開発を行う為の予算の確保、そして20年の歳月と莫大な予算を費やしておきながらも試作段階から前進できないコマンチ開発の遅れへの反発もあった。

コマンチ計画には、中止段階で既に80億ドル近い開発費が投じられており、さらに中止の補償金としてシコルスキーボーイングに4.5億から6.8億ドルが支払われたとされる。

また、開発運用計画の一部は、コマンチ計画の反省から既存機を基に開発されるARH-70が引き継ぐ予定だったがこちらも中止された。このRAH-66コマンチの計画によって培われた技術は、AH-64やその他の軍用ヘリコプター開発に活かされるという。

現在試作機の2機(95-0001、94-0327)は陸軍の航空ミサイル研究開発センターに保管されている。この2機は現在技術支援部の管理下にあるが、95-0001の機体に関しては軍に再び委譲され2007年アラバマ州フォートラッカーの陸軍航空博物館にて展示される計画がある。

仕様[編集]

諸元[編集]

[1]

  • 乗組員:2名
  • 全長:14.28m
  • 主回転翼直径:11.90m
  • 高さ:3.37m
  • 空虚重量:3,942kg
  • 最大離陸重量:7,790kg
  • 発動機:LHTEC T800 1,432hp(1,068kW)×2

性能[編集]

  • 超過禁止速度:324km/h
  • 巡航速度:206km/h
  • 航続距離:485km
  • 上昇率:7.20m/s

武装[編集]

登場作品[編集]

ゲーム
敵軍の攻撃ヘリとして登場。
日本を占拠したアメリカ陸空軍の攻撃ヘリとして登場。プレイヤーも購入して使用できる。
ヒューマンシナリオモードの、「砂漠の嵐」、「地獄の業火」の最終面ボスとして登場。
タイトルが示すように攻撃を自動化してガンナーを不要とした発展機が、主役機の1つとして登場。
韓国軍が使用。
PlayStation 2版のみ登場。中国人民解放軍が使用。
漫画
カダス共和国(架空の国家)のカレン・オズボーン中尉が搭乗する。斑鳩悟が運転するプジョー・106を20mm機関砲で行動不能にしたり、ヘルファイアミサイルを発射するなど窮地に陥れるが、戦場でできたクレーターの傾斜角度を利用したT-34/85砲撃でメインローターを破壊され墜落する。
映画
小説

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]