UH-72 ラコタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UH-72A ラコタ

UH-72A ラコタ (UH-72A Lakota) はユーロコプター EC 145の軍用機版であり、EADSの子会社であるアメリカン・ユーロコプターで生産され2006年からアメリカ陸軍で運用されている軽量多目的ヘリコプターである。ラコタの愛称は、アメリカ先住民のスー族の別称に由来する。

開発[編集]

背景[編集]

アメリカ陸軍はLHX計画を1980年代初頭に開始し、2種類のヘリコプター導入を検討した。1つは、軽量多目的機 (LHX-U) で強襲、近接航空支援、輸送での使用が想定された。もう一方は、軽量で哨戒/攻撃用 (LHX-SCAT) としてAH-64 アパッチが開発された。軽量多目的機の概念は計画から外され、攻撃/偵察に主眼が置かれたRAH-66が開発された。

2004年、RAH-66計画が中止され、補完する計画が持ち上がった。計画には、武装偵察ヘリコプター (ARH)、軽量多目的ヘリコプター (LUH)、次世代貨物航空機が計画された。いずれも生産中の民間機を陸軍仕様に改良する計画であった。次世代貨物航空機 (FCA) は、統合貨物輸送機計画 (JCA) に改名され、G.222、武装偵察ヘリコプターには、ARH-70が選定候補にあがった。

LUH 計画とUH-145[編集]

LUH計画は2004年初頭に立案された。322機のヘリコプターが警備、輸送、医療等に使用される予定である。候補にはベル 412MD エクスプローラーアグスタウエストランド AW139、 EADS North America (EADS NA)の販売するユーロコプター EC 145の派生型であるUH-145を含む5機種が挙がった[1][2]

最終的にユーロコプター EC 145を選定し、2006年6月30日にEDASとの契約が成立した。同年にアメリカ国防総省は、ラコタと命名した。2007年に生産が始まり、アメリカ陸軍では345機の取得が予定されたが、2009年の時点で発注したUH-72Aは128機である[3]

UH-72の元となったEC 145はユーロコプターと日本の川崎重工の共同開発機体であるため(川崎重工ではBK-117-C2)、UH-72の一部のコンポーネント(トランスミッションなど)は日本製である。

仕様 (UH-72A)[編集]

諸元

性能

  • 超過禁止速度: 269 km/h (145 kts, 167 mph)
  • 巡航速度: (131 kts)
  • 航続距離: 685 km (370 海里, 426 miles)
  • 実用上昇限度: 5,791 m (18,000 ft)


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]