ユーロコプター エキュレイユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユーロコプター エキュレイユ

オーストラリア海軍のAS350

オーストラリア海軍のAS350

ユーロコプター AS350 エキュレイユ(Eurocopter Écureuil、フランス語リスの意)とAS355 エキュレイユ 2は、アエロスパシアルが原型機を開発、生産した軽量ヘリコプターである。

設計と開発[編集]

開発は1970年代初頭にシュド・エスト SE.3130 アルエットIIの代替を目的として始められ、1974年6月27日に初飛行した[1]。双発版のエキュレイユ 2は、1979年10月3日に飛行した。

エキュレイユ 2は、ツイン・エキュレイユ(Twin Écureuil)とも呼ばれる。アメリカ合衆国市場では、エキュレイユが、エイスター(AStar)、エキュレイユ 2がツインスター(TwinStar)として知られる。イギリス国防省では、エキュレイユと同じ意味を持つスクイレル(Squirrel)と呼称している。ユーロコプター社でEC130が生産されているにもかかわらず、AS350とAS355、そして軍用型のAS550とAS555との販売は依然堅調である。

現在、ユーロコプターでの生産の主体は、モデルチェンジしたユーロコプター EC 130に移っているが、単発、双発版ともにブラジルヘリブラス社でライセンス生産されている。

中華人民共和国ではAS350がリバースエンジニアリングによりZ-11(直昇11)として生産されている。

運用[編集]

2005年5月14日、ユーロコプター社のテストパイロットである"Didier Delsalle"が操縦する標準仕様のエキュレイユAS350 B3で標高8,850m(29,035フィート)のエベレスト山の山頂に着陸し、世界初のエベレスト山頂に着陸したヘリコプターとなり[2]、この記録は国際航空連盟によって認定された[3]

派生型[編集]

単発[編集]

カナダのAS350 BA AStar
AS350
試作機。
AS350 消防
消防版。
AS350B
エンジンチュルボメカ アリエル 1Bに換装。
AS350 B1
エンジンをチュルボメカ アリエル 1Dに換装。
AS350 B2
最も積載重量が多いタイプ。エンジンをチュルボメカ アリエル 1D1に換装
AS350 B3
高性能型は動力がアリエル2BエンジンでFADECを備える。このヘリコプターは最初にエベレストに着陸した。最新型のAS350 B3/2B1は2台のデジタル式FADECと油圧系統を備え、最大離陸重量は2,370kg(5,225lb)である。
AS350 BA
動力はアリエル1Bエンジンで幅広の回転翼を備える。
AS350 BB
AS350 B2型は回転翼練習機として1996年イギリス国防省に選ばれた。動力はアリエル1D1エンジンでヘリコプターのライフサイクルが改善された。

双発[編集]

AS355
双発型の試作機。
AS355 E
初期生産型。単独の油圧システムとアリソン 250ターボシャフトエンジンを2基搭載。アメリカ合衆国カナダではツインスターと呼ばれる。
AS355 F
改良型。2重の油圧システムを持ち、改良されたローターブレードとローターシステムを装着している。
AS355 F1
アリソン250C20Fを2基搭載。最大離陸重量2,400kg(5,291lb)
AS355 F2
アリソン250C20Fを2基搭載。最大離陸重量を拡大する為にギアボックスの性能を向上させた。最大離陸重量2,540kg(5,600lb)テールローターをうまくコントロールする為にアキュムレータを向上させた
AS355 M
AS355 F1の初期軍用型。
AS355 M2
AS355 F2の軍用型。すぐにAS555フェネックに代替された。
AS355 N エキュレイユ2
チュルボメカ・アリウス1Aを2基搭載。最大離陸重量の拡大と単発エンジン搭載型よりも性能の向上の為に、FADECシステム搭載。最大離陸重量(2,600kg or 5,732lb)アメリカ合衆国では、ツインスターと呼ばれる。
AS355 NP エキュレイユ2
Introduced in 2007年に導入が始まった最新型。チュルボメカ・アリウス1A1を2基搭載。AS350 B3と同メインギアボックスを搭載。最大離陸重量は2,800kg(6,173lb)に向上。

運用[編集]

軍用[編集]

アルバニアの旗 アルバニア
アルジェリアの旗 アルジェリア
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
オーストラリアの旗 オーストラリア
オーストラリア陸軍
オーストラリア空軍
オーストラリア海軍 - 艦隊航空隊 第723飛行隊
ベナンの旗 ベナン
ボツワナの旗 ボツワナ
ブラジルの旗 ブラジル
ブルキナファソの旗 ブルキナファソ
ブルンジの旗 ブルンジ
カンボジアの旗 カンボジア
カナダの旗 カナダ
中央アフリカ共和国の旗 中央アフリカ
チリの旗 チリ
チリ陸軍 AS350 & HB355
中華人民共和国の旗 中国
コモロの旗 コモロ
デンマークの旗 デンマーク
ジブチの旗 ジブチ
エクアドルの旗 エクアドル
フランスの旗 フランス
ガボンの旗 ガボン
ギニアの旗 ギニア
ジャマイカの旗 ジャマイカ
マラウイの旗 マラウイ
マレーシアの旗 マレーシア
マリ共和国の旗 マリ
モーリシャスの旗 モーリシャス
メキシコの旗 メキシコ
モロッコの旗 モロッコ
ネパールの旗 ネパール
パラグアイの旗 パラグアイ
パラグアイ空軍
ペルーの旗 ペルー
ルワンダの旗 ルワンダ
シンガポールの旗 シンガポール
トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ
チュニジアの旗 チュニジア
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
イギリスの旗 イギリス
AS350 BB 38機はイギリス国防省の国防ヘリコプター飛行学校DHFC)で全軍のヘリコプターパイロットの養成に運用される[4]
ウルグアイの旗 ウルグアイ
ベネズエラの旗 ベネズエラ

法執行機関[編集]

San Bernardino County Sheriff's AS350 B3
オーストリアの旗 オーストリア
Flugpolizei(Ministry of Interior)[5] operates five AS350 B1, two AS355 F2, and two AS355 N.
オーストラリアの旗 オーストラリア
ニューサウスウェールズ警察
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
ボスニア警察
ブラジルの旗 ブラジル
ブラジル連邦警察
ブラジル軍警察

研究機関[編集]

日本の旗 日本
文部科学省 国立極地研究所 - 南極観測船「しらせ」に1機を搭載して運用。実際の運用は中日本航空が行なっている[6]

仕様 (AS350 B3)[編集]

諸元

  • 乗員: 1名
  • 定員: 6名
  • 全長: 12.94m (42.45ft)
  • 全高: 3.24m (10.63ft)
  • ローター直径: 10.69m (35.07ft)
  • 空虚重量: 1,241kg (2,736lbs)
  • 最大離陸重量: 2,250/2,570kg (4,960/5,225lbs)
  • 動力: チュルボメカ アリエル 2Bまたは 2B1 ターボシャフト、632kW (847shp) × 1

性能

  • 超過禁止速度: 287km/h (155knots, 178mph)
  • 巡航速度: 259km/h (140knots, 161mph - 高速巡航(通常巡航時:127 knots))
  • 航続距離: 657km (355nm, 408mi)
  • 実用上昇限度: 5,044m (16,550ft)
  • 上昇率: 10.0m/s (1,959ft/min)
  • アビオニクス: 機体とエンジン多機能表示装置(VEMD)ファースト・リミット・インジケーター(FLI)を標準装備
お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

登場作品[編集]

映画[編集]

長崎県警察の機体が、姫神島の調査に用いられたほか、八洲海上保険の機体が登場。
東都日報のヘリとして登場。
大和テレビの報道ヘリとして登場。撮影には実機とミニチュアが用いられたが、ミニチュアは以降の特撮映画にも流用された。

ゲーム[編集]

ロシア軍中国軍偵察ヘリコプターとしてZ-11Wが登場。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]