シュド・ウエスト SO.1221

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

SO.1221 ジン

西ドイツ陸軍のジン

西ドイツ陸軍のジン

SO.1221 ジン(Sud-Ouest S.O.1221 Djinn)は、フランスシュド・ウエスト社、後のシュド・アビアシオン社で設計、製造された2座席の軽ヘリコプターである。この機のローターはブレードの先端から噴出される圧縮空気ジェットで回転した。

開発[編集]

シュド・ウエスト社の初期のアリエル(Sud-Ouest Ariel) チップジェット式ヘリコプターの経験が実用的な軽ヘリコプターのSO.1221 ジンの開発に繋がった。SO.1221はアリエルと同一のチップジェット方式ではなかったが、ローターブレードの先端から圧縮空気を噴出させるという方式を採用していた。その推進方式は別としてSO.1221は並列2座のキャビンの後ろにチュルボメカ アルトウステ ターボコンプレッサー エンジンを搭載する通常の形式のヘリコプターであった。無トルクのローター回転機構のため反トルク用のテールローターの必要が無いことで、この機の剥き出しの尾部ブームには2枚の尾翼と方向舵しかなかった。操縦者用の露出した座席を備えた剥き出しの簡単な構造の試作機(SO.1220と命名)が1953年1月2日に初飛行を行った。この機体は推進システムの可能性を実証し、2座席の試作機が5機SO.1221として製造され1953年12月16日に初飛行を行った。数日中に高度4789m (15,712 ft)まで到達し、このクラスの高度記録を樹立した。

フランス陸軍は評価用に22機の前量産型を製造することを督促し、前量産型の初号機は1954年9月23日に初飛行を行った。前量産型の中の3機はアメリカ陸軍が評価用にYHO-1として購入した。フランス陸軍は100機を発注し、西ドイツ陸軍は6機を購入した。フランス陸軍でSO.1221は連絡、観測、訓練、操縦士1名に外部担架を2基付けて負傷者の搬送に使用した。

178機が製造された後で1960年代半ばにSO.1221の生産は終了した。何機かは民間に売却され、薬剤タンクと散布装置を装備して農業分野で活用された。

ローター部の詳細
ターボ・コンプレッサー
ローターマストとブレード

運用[編集]

フランスの旗 フランス
フランス陸軍
ドイツの旗 ドイツ
西ドイツ陸軍
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アメリカ陸軍

性能・主要諸元[編集]

  • 乗員:1 名
  • 乗客:2名
  • 全長:5.30 m (17 ft 4½ in)
  • 全高:2.6 m (8 ft 6¼ in)
  • 主回転翼直径:11 m (36 ft 1 in)
  • 円板面積:95.03 m² (1022.96 ft²)
  • 空虚重量:360 kg (704 lb)
  • 全備重量:800 kg (1764 lb)
  • 発動機:1 × チュルボメカ アルトウステ VI ターボコンプレッサー エンジン、 179 kW (240 hp)
  • 超過禁止速度:130 km/h (81 mph)
  • 巡航高度:
  • 航続時間:2時間15分
  • 上昇率:

[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ The Illustrated Encyclopedia of Aircraft (Part Work 1982-1985), 1985, Orbis Publishing, Page 2975

外部リンク[編集]